1. TOP
  2. BLOG
  3. 大田区でペットの葬儀を行うならどこがいい?公営と民間の特徴と注意点

BLOG

ブログ

大田区でペットの葬儀を行うならどこがいい?公営と民間の特徴と注意点

2021年5月18日

最愛のペットが亡くなると、どのような葬儀を行うことがペットのためになり、後悔しない方法なのか悩みますよね。大田区でペットの火葬を行うには、公営施設と民間施設の二択になりますが、どちらが良いお別れができるのでしょう?

 

ペットに最後にできることは、心のこもった葬儀です。人間同様に手厚く見送ってあげたいですよね。

 

今回、大田区でペットの葬儀を行うなら大田区の公営施設と民間施設どちらが良いのか、それぞれの特徴よ注意点をご紹介します。参考にしていただくことで、たくさんの幸せをくれた大切なペットのためになる葬儀を行えます。

 

大田区でペットの葬儀を行える場所は2カ所!特徴とは

大田区でペットの葬儀を行える場所は公営施設と民間施設になります。それぞれの葬儀の特徴をご紹介しますね。

 

大田区の公営施設で葬儀する

 

大田区の公営施設では、25kg未満の犬や猫、小動物の火葬を1頭3,000円で行っています。ペットが亡くなったら大田区の清掃事務所に連絡し、袋か段ボールに入れて清掃事務所に連れて行くと、火葬を行ってくれます。

 

注意点としては、大田区の公営施設でペットを合同火葬して合同埋葬します。そのため、遺骨が手元に戻ってくることはございません。

 

大田区の民間施設で葬儀する

 

大田区の民間施設でペットの葬儀を行う場合は、葬儀方法が選べます。主に、他のペットと一緒に合同火葬を行うか、人間同様に火葬場まで立ち合うことができる個別立ち合い葬儀を選ばれる方が多いです。

 

個別火葬を選ぶと、大切なペットの遺骨が骨壺に入って戻ってくるので、自宅で四十九日まで供養して、その後ペット霊堂の納骨堂に納めることで供養ができるのも民間施設の特徴です。

 

公営施設に比べると手厚い分費用も上がりますが、飼い主として最後にしてあげれることが手厚い葬儀、供養です。ペットが無事に虹の橋へ行けるように後悔のない選択ができます。

 

大田区で手厚いペットの葬儀ができる民間施設のメリットとデメリット

大田区で手厚いペットの葬儀ができる民間施設にもメリットとデメリットがあります。葬儀までの流れと、気になるデメリットについて確認しておきましょう。

 

ペットの葬儀までの流れ

 

民間施設でペットの葬儀を行う場合の流れをご紹介します。

 

・亡くなったペットを安置する

・すぐにペット霊堂へ葬儀の予約をする

・葬儀方法を選んで、ペットを連れて行く

・個別火葬を行うと骨壺に入ったペットが帰ってくる

 

このような流れになっています。他にも、個別一任葬を行うと経験豊富なスタッフに個別で葬儀をお任せすることができ、火葬後の遺骨を返してくれるプランがある霊堂もあります。大切に葬儀を行いたいけどお時間がない…。という方に選ばれています。

 

また、移動手段がない方は、ペット霊堂によっては送迎サービスを行っているので利用することもできます。

 

民間施設のメリット

 

民間施設でペットの火葬を行うメリットとしては、人間同様の手厚い葬儀が行えることです。ペット霊堂によっては、宗教に合わせて住職や神主、神父をお呼びして葬儀を行えるところもあります。

 

また、民間施設でペットの火葬を行うことで、個別火葬が選べます。そのため遺骨を手元に戻すことができます。

 

その他にも、

・送迎サービスが利用できる霊堂もある

・お時間がない方は個別一任葬ができる霊堂もある

・納骨堂へ納めることができ、法要を行ってくれる

・海への散骨プランや、樹木葬ができる霊堂もある

 

このように、民間施設はペットと飼い主さんの思いを最大限実現してくれます。

 

知っておくべき民間施設のデメリット

 

民間施設でペットの葬儀を行う場合、デメリットをあげるとしたら、公営施設より手厚い葬儀になるので金額が高いところです。

 

とはいえ、ペットの大きさや葬儀方法、そして依頼するペット霊堂によって金額は変わりますので生前相談を行っているペット霊堂に事前に相談してみると、葬儀内容と金額に納得いただけるのではないかと思います。

 

民間施設で葬儀を行うときの平均費用としては、

・小動物8,000円〜35,000円

・猫〜小型犬14,000円〜43,000円

・中型犬23,000円〜49,000円

・大型犬29,000円〜55,000円

・特大犬39,000円〜62,000円

 

平均はこのような価格になっていますが、オプションで花祭壇や棺桶を購入するかによっても価格は変動します。

 

大田区でペットの葬儀をするならどの民間施設が手厚いの?

大田区でペットの葬儀をするなら、大森ペット霊堂へお任せください。スタッフ一同心を込めて葬儀を行い、最大限にサポートさせていただきます。

 

大森ペット霊堂はエンゼルケアから納骨までお任せできる

 

大田区になる大森ペット霊堂では、ご希望があれば系列の「ウェルネスグルーミングサロン」で人間の葬儀の時と同じように、ペットの体を綺麗にエンゼルケアさせていただくことが可能です。

 

希望の方は、ペットのエンゼルケアに立ち会って一緒に行うこともできます。エンゼルケアを行った後は葬儀を行い、ご希望があれば大森ペット霊堂の納骨堂へ納めていただけます。

 

大森ペット霊堂の納骨堂では法要を行っていますので、最愛のペットの供養もお任せください。

 

生前相談で後悔のない葬儀が行える

 

大森ペット霊堂では、生前相談を承っております。最愛のペットちゃんのお話や、飼い主さんの思いをお伝えしていただくことで、ペットちゃんにとって一番良い形の葬儀、納骨方法を提案させていただいております。

 

多くの飼い主さんは、ペットが亡くなって慌てて葬儀を行い、時間が経過して落ち着いた頃に「あの時もっと手厚い葬儀にしてあげたらよかった…。」「こんな葬儀方法があったの!?知らなかった…。」などと後悔する人も多いのです。

 

このような後悔をして欲しくないため、大森ペット霊堂では生前相談でペットちゃんへの思いを伺って、飼い主さんに後悔のない葬儀を行ってもらいたいと考えております。

 

生前相談ですと、飼い主さんも落ち着いてペットちゃんにとって最善の葬儀方法を考えられますので、生前から葬儀のことについてお考えいただきたいと思っております。

 

まとめ

大田区でペットの葬儀を行うなら、公営施設と民間施設のどちらが後悔しないか、特徴や注意点をご紹介しました。

 

記事をまとめると、

・公営施設では合同火葬になるので遺骨は帰ってこない

・大田区の公営施設では25kg未満のペットのみ火葬できる

・民間施設では人間同様の手厚い葬儀を行える

・特大犬でも火葬を行える

・個別火葬を行うと、骨壺に入って我が子が帰ってくる

・民間施設は供養方法も様々で海への散骨、樹木葬も行える

・サービズも充実しているため送迎をお願いすることもできる

 

大森ペット霊堂は平和島駅から徒歩5分でアクセスも良好です。ペットちゃんを納骨堂へ納められても、お参りに来やすい場所に霊堂がありますのでお車がない方もご安心くださいませ。

 

ペットちゃんと飼い主さんにとって後悔しない葬儀方法を一緒に考えましょう。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ

24時間365日受付・年中無休・ご相談無料