1. TOP
  2. BLOG
  3. 私と愛犬ボクシーの絆
BLOG
ブログ

私と愛犬ボクシーの絆

2023年6月5日

ある日のこと、私は愛犬と一緒に散歩していました。彼の名前はボクシーで、小さなチワワのミックス犬です。ボクシーは私の最高の家族であり、私の人生に多くの喜びをもたらしてくれました。

その日は晴天で、公園の散歩道を歩いていました。ボクシーは尾を振りながら歩き、周りの人々に愛されていました。私たちはいつものように楽しく過ごしていましたが、そのとき突然、ボクシーが足元に倒れました。

私は慌ててボクシーのそばに駆け寄り、彼の呼吸を確認しました。彼は動かないままで、目は閉じていました。私は恐怖と絶望に包まれました。ボクシーがどうしたのか、何が起こったのか理解できませんでした。

私はすぐに近くの動物病院に連絡し、ボクシーを運ぶために車に乗せました。心配で手が震えていましたが、私は彼のために強くならなければなりませんでした。

動物病院に到着すると、ボクシーはすぐに緊急治療を受けることになりました。先生はボクシーの状態を調べ、さまざまな検査を行いました。私は待ち時間を不安げに過ごし、ただただ祈ることしかできませんでした。

やがて、先生が私のところに戻ってきました。先生は深刻な表情を浮かべ、私に真実を伝える準備ができているようでした。ボクシーは重度の心臓疾患を抱えており、彼の状態はかなり悪いと言われました。

私は涙が止まらなくなりました。ボクシーとの時間が限られていることを知り、心が痛みました。しかし、先生は私にボクシーの治療方法とケアについて話しました。薬を処方し、定期的な検診と食事の管理が必要だと言いました。

私はボクシーを家に連れて帰り、彼のためにできる限りのことをしようと決心しました。ボクシーのために特別な食事を用意し、薬を忘れずに与えました。彼と一緒に過ごす時間は、ますます貴重に感じられました。

ボクシーは徐々に回復していきましたが、私たちは常に心配を抱えていました。彼の病状は安定していなかったため、毎日が戦いでした。しかし、私たちはお互いを支え合い、ボクシーの側にいて彼を励ましました。

時が経つにつれて、ボクシーの状態は安定し、彼は以前のような元気な姿を取り戻していきました。私たちは一緒に散歩し、公園で楽しい時間を過ごしました。ボクシーは私のそばにいることで、私に勇気と幸せを与えてくれました。

それから数年が経ちました。ボクシーはいまだに心臓の問題を抱えていますが、私たちはそれに向き合いながら、毎日を大切に過ごしています。彼は私の人生において欠かせない存在であり、彼なしでは考えられないほど愛されています。

この話は、ボクシーとの困難な旅路と絆の強さを描いています。ボクシーは私にとって家族の一員であり、彼の存在は私に勇気を与え、人生に希望をもたらしてくれます。私は彼との特別な瞬間を永遠に大切にし、彼との時間を積極的に過ごすことを決めました。

 

 

犬の寿命は約15年。

向き合って一緒に過ごすことが最後の後悔なくお見送りをすることにもつながると思います。

 

一緒にペットと暮らしていらっしゃる皆様、

どうぞ後悔のないよう、ご自身のペットさんとの暮らしを一日一日大切にしてくださいませ。

 

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット火葬に携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※ペット火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ

関連記事

24時間365日受付・年中無休・ご相談無料