1. TOP
  2. BLOG
  3. 愛鳥家のため葬儀 – 東京の鳥火葬と最期の見守り方
BLOG
ブログ

愛鳥家のため葬儀 – 東京の鳥火葬と最期の見守り方

2024年5月12日

 

愛する鳥の最期を尊厳を持って見送ることは、飼い主にとって非常に重要なことです。本ブログでは、東京都にある鳥の火葬に関する情報をまとめています。東京での個別火葬の意義や、火葬の種類と料金の違い、専門スタッフによるサポートなど、愛鳥の最期を大切にお手伝いする内容が盛り込まれています。愛鳥はかけがえのない家族の一員であり、最期の時を共に過ごすことができるよう、様々な配慮がなされています。

 

愛する鳥の最期を尊厳を持って見守る

大切なペットである鳥の最期は、尊厳を持って見守りたいと思う家族もいることでしょう。大森ペット霊堂では、鳥専門の火葬スタッフが在籍しています。スタッフが愛鳥の最期を心のこもったお見送りでサポートいたします。

 

最期のお手伝いをするスタッフ

愛鳥の最期を迎える際に専門のスタッフがお手伝いいたします。家族の想いを理解し、人同様に丁寧に対応させていただきます。例えばセキセイインコのように繊細な骨でも、しっかりと残せる火葬技術によって遺骨を残してご家族様の手元に帰ることも可能ですので、家族の方々にとって心強い存在となります。

 

愛鳥に尊厳のある見送りを選ぶ理由

なぜ愛鳥の最期を尊厳を持って見守りたいのでしょうか。それは、ペットは家族の一員として共に生活してきた存在であり、最後まで大切にしたいという思いがあるからです。

その想いを担当するスタッフは責任を持たなければいけません。愛鳥への尊厳のある見送りは、愛情と感謝の気持ちを表す最後のお別れとして、家族の心にも安心と癒しをもたらしてくれます。

 

 

愛鳥の最期の時に大切なこと

愛鳥の最期を尊厳を持って見守るために、以下のことに気を付けることが大切です。

適切な安置方法の準備

愛鳥が亡くなったら、ご自宅で適切な安置方法をすることができます。小さくて繊細なお身体ですので、ミニタオルを用意し、小さな保冷剤を身体のそばに置き全体が冷えるようにして、身体を守ってください。愛鳥との最期の時間を大切に過ごしましょう。

 

最期に一緒に入れるものの準備

最期のお別れには、よく食べていたご飯やお花などを一緒に入れることができます。お別れの際に思い出の品や愛鳥が好きだった食べ物などを手向けてあげてください。

 

愛鳥の火葬や葬儀の相談

大森ペット霊堂では、鳥専門のスタッフが対応をし、火葬や葬儀に関して丁寧に質問させていただきます。愛鳥の最期にふさわしい火葬方法や遺骨の残し方、そして葬儀のプランなど、ご説明いたします。

ご不安のことがあれば、何なりとお聞きください。

 

大森ペット霊堂のHPはこちらをクリックしてください

 

まとめ

愛鳥の最期を尊厳を持って見守ることは、家族の方々にとって、大きな心の支えとなります。大森ペット霊堂では、鳥専門のスタッフが在籍しているので、安心して最期をお見送りすることができます。大切な愛鳥とのお別れを大切にし、しっかりと家族の心に残る葬儀になるよう、精一杯ご対応いたします。

 

 

東京で愛鳥の個別火葬を選ぶ理由

東京で鳥の火葬を行う際、個別火葬を選ぶことは非常に重要です。以下に、東京で個別火葬を選ぶ理由をご紹介します。

最後のお見送りをすることができる

個別立会火葬では、火葬の際に立ち会い、ペットちゃんとの最後のお別れをすることができます。心を込めたお見送りができるため、大切なペットとのつながりを尊重した最後の時間を過ごすことができます。

 

東京都内で鳥の火葬を行える

鳥の個別火葬は、東京都内にあるペット火葬場で対応いたします。ご自宅までの送迎もしておりますので、ご家族様が火葬施設にお越しいただかなくとも、お任せいただくことができます。

 

骨壷のまま、納骨ができる

東京の施設には、納骨堂が存在し、個別火葬だけでなく、納骨や供養も一貫して行うことができます。愛鳥を火葬するだけでなく、骨壷に納めた状態で供養をすることもできます。

ご自宅に連れて帰ることも縛りはありませんので、いつでも大丈夫です。

 

自宅で供養ができる

東京都内のペット火葬場で愛鳥の個別火葬をすると、遺骨を自宅に連れて帰ることができます。サイズも大きくないため、ご自宅で長年供養をする方もいらっしゃいます。

 

個別火葬を選ぶことで、選択肢が広がります。そして、大切な愛鳥と共に尊厳を持って過ごす時間ができます。もし愛鳥の火葬を迷っている際には、東京で行う個別火葬を検討してみてください。

 

 

東京で鳥の火葬をする際の種類と料金の違い

東京で鳥の火葬を執り行う際には、さまざまな種類や料金が存在します。ここでは、鳥の火葬の種類とそれに伴う料金の違いについて説明します。

 

火葬の種類

火葬には、個別立会火葬、個別一任火葬、合同火葬、訪問火葬などの種類があります。それぞれの火葬方法には以下の特徴があります。

 

個別立会火葬

立会個別火葬では、家族が愛鳥の火葬を斎場まで見送っていただくことところから、火葬終了後、遺骨の収骨まで全て立ち会うことができます。家族の一員である愛鳥を人間と同じ形式で供養することができます。

 

個別一任火葬

個別一任火葬では、スタッフが家族の愛鳥の火葬から、遺骨の収骨まで一任して行います。ご家族が遺骨を骨壷に納めることのできる収骨はなく、全てスタッフが行います。

 

合同火葬

合同火葬では、他の家族のペットと一緒に火葬が行われます。遺骨を家族の手元に戻すことができませんが、費用は他の火葬方法よりも安くなります。

 

訪問火葬

訪問火葬では、ペット火葬会社が火葬設備を搭載した車で飼い主の自宅まで訪れ、火葬を行います。

火葬炉は、車の積載量の関係から、簡素化されたものが多いので、お骨が綺麗に残らないことがあります。また、鳥の火葬に関しては骨が繊細ですので、より注意が必要です。

 

 

鳥の火葬の料金

鳥の火葬の料金は、鳥の種類やサイズ、火葬の方法によって異なります。以下に一般的な料金の相場を示します。

  • セキセイインコ、コザクラインコ、文鳥、オカメインコなど:6,000円〜
  • アヒル、ヨウム、キバタン、ソロモンインコ、コキンメフクロウなど:1万2,000円〜
  • ワシミミズク、オオハシ、ハリスホーク、オオタカなど:1万6,000円〜

 

火葬料金は、鳥の大きさや火葬方法によって変動しますので、具体的な料金に関しては専門のスタッフにお尋ねください。

 

まとめ

鳥の火葬は、種類や大きさによって要素によって料金が異なります。東京で行う鳥の火葬は個別立会火葬や個別一任火葬など様々な火葬方法を選択することができます。

東京の火葬業者は、鳥を専門にしている施設が少ないです。東京で火葬を選ぶならば鳥専門のスタッフが在籍する「大森ペット霊堂」に相談してみましょう。

 

大森ペット霊堂の公式HP

 

 

鳥の専門家が在籍する東京のペット火葬「大森ペット霊堂」

大森ペット霊堂は、愛鳥の火葬を滞りなく執り行うために、鳥専門のスタッフが在籍しております。鳥も同じ家族であるという信念のもと、家族と愛鳥の大切な絆を残すために、しっかりとした火葬技術で遺骨を残す技術があります。

 

鳥専門スタッフの役割

東京にある大森ペット霊堂の鳥専門スタッフは、家族の愛鳥が亡くなった要請や、愛鳥の火葬が必要になった際に、その家族対応の責任者として、対応させていただきます。以下のような役割を担っております。

  1. 鳥の種類を把握する:まずは、火葬する鳥の種類を把握します。大きさだけでなく、種類を聞くことで、その鳥の身体特有の構造を認識します。火葬する際の角度や、ご遺体の向き、繊細な部位には火葬炉内の風を弱めることなども徹底しています。同じ体重の鳥でも、種類によって火葬技術は全く異なります。ただ、火を入れればいいわけではなく、遺骨を綺麗に残すために、鳥専門のスタッフが対応しています。
  2. 家族へのサポート:鳥専門スタッフがいることによって、家族の一員である愛鳥への想いを共感できる存在がいることが大切です。
  3. 「鳥も家族と思っています。」鳥を飼ったことない人も、ペット火葬の業界では使う謳い文句です。鳥と暮らし、自身も辛い想いをした。心からそのように考えているスタッフが、家族に寄り添うことが、私たちに任せていただくことの誠意だと考えています。
  4. 火葬を担当する:上記にも記載してある通り、鳥専門のスタッフが火葬を担当することで、しっかりと骨を綺麗に残すことが、家族の望むことだと思います。鳥は、繊細な骨が多く、ただ他のペットと同じように火葬をすると、温度によって割れてしまったり、風圧により無くなってしまいます。
  5. 私たちの役目は、「家族のために、そして愛鳥のために、全てのお骨を綺麗に残す」です。家族がわからないからと言って無碍にすることは絶対にすることなく、大切に愛鳥の火葬をさせていただくために、鳥の専門家が必要なのです。

 

 

鳥専門スタッフによる勉強会

大森ペット霊堂の鳥専門スタッフは、専門的な知識と鳥に特化した火葬技術を持っています。専門のスタッフに任せるだけでなく、他のスタッフも勉強会を通じて日々勉学をしております。

 

鳥の専門スタッフがいるので愛鳥家から選ばれる施設

鳥専門スタッフの存在は、愛鳥の火葬を探している家族にとって大きな安心感、信頼感を意味します。大森ペット霊堂は、鳥だけでなく、犬や猫、小動物なども大切にし、各動物の分野の専門家を有するペット霊園です。

愛鳥を亡くされた家族にとって、どんな要望でもご希望を尊重し、後悔のない愛鳥とのお別れをしていただくために、活動しています。

 

大森ペット霊堂は、鳥の命に愛情と尊厳を持って、家族が愛鳥を後悔なくお見送りのお手伝いをします。

家族の愛鳥との大切な思い出や絆を私たちも感じ、そして悲しみを共感し、心から家族の想いを尊重できるよう努めるのが私たちの役目です。

 

 

まとめ

東京にある大森ペット霊堂は、鳥の火葬技術を持つ、鳥専門家が在籍する唯一のペット火葬業者です。大切な愛鳥と家族にとって最期の時間を尊厳を持ち、小さな遺骨も綺麗な状態で残すことに責任を持ち、鳥の火葬を執り行います。鳥専門のスタッフが在籍しているので、鳥の種類によって火葬方法を変えている施設は、大森ペット霊堂以外聞いたことがありません。どんな些細なご不安でも、専門のスタッフが丁寧にサポートいたします。

愛鳥との最後の時間を心を込めて送ることができるよう、大森ペット霊堂は、心を込めて担当いたします。自分自身の愛鳥だと思い、家族が最良の火葬の選択ができますよう、責任を持って大切に預かります。

 

よくある質問

 

愛鳥の火葬に尊厳を持つことはどんなことですか?

愛鳥の最期を尊厳を持って見守るには、適切な安置方法の準備、一緒に火葬をしてほしい物(ご飯など)の準備、そして火葬や葬儀のことを的確に説明をするスタッフがいることです。鳥専門のスタッフが、家族の想いに心から応えることで、大切な愛鳥との最後の時間や、心に残る思い出として過ごすことができます。

 

東京で鳥の個別火葬を選ぶメリットは何ですか?

東京で鳥の個別火葬を選ぶメリットは、最後のお見送りをすることができることや骨壷のまま納骨ができること、そして自宅に遺骨を連れて帰り、供養ができることです。個別火葬を選ぶことで、大切な愛鳥がいつでも近くにいてくれていると感じながら、共に素敵な時間を過ごすことができます。

 

 

東京で行う鳥の火葬の種類と料金は?

東京で行う鳥の火葬の種類には、「個別立会火葬」、「個別一任火葬」、「合同火葬」、「訪問火葬」などがあります。

訪問火葬は、車の積載量の関係上、簡素化された火葬炉が多く、骨が綺麗に残らない恐れがあります。

料金は鳥の種類やサイズ、火葬種類によって異なりますが、目安はを記載します。

  • ・セキセイインコほどの大きさでは、6,000円~
  • ・キバタンほどの大きさでは、1万2,000円~
  • ・ワシミミズクほどの大きさでは、1万円6,000円~

 

東京にある大森ペット霊堂の鳥専門スタッフの役割は何ですか?

東京にある大森ペット霊堂の鳥専門スタッフの役割は、鳥の種類を把握する、家族へのサポート、そして火葬を担当することです。鳥のことを心から大切にしているスタッフであり、鳥の生物学を学ぶスタッフによる、火葬技術で、遺骨を綺麗に残すことも、鳥専門スタッフがいるからこそできます。心から愛鳥を大切にする家族と同じ想いを持って、火葬、葬儀のお手伝いをしています。

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ

関連記事

24時間365日受付・年中無休・ご相談無料