1. TOP
  2. BLOG
  3. 東京でペットの供養を行う際に知っておきたい全知識
BLOG
ブログ

東京でペットの供養を行う際に知っておきたい全知識

2024年6月11日

 

ペットは大切な家族の一員であり、その命を供養することは心を込めて行う重要な儀式です。このブログでは、東京でペットの供養を行う際におすすめのお寺や、供養の種類と費用、人気のペット霊園の比較、そして供養の際の作法などを詳しく解説しています。愛するペットとの永遠の絆を大切にし、最期の時を心を込めて見送りたい方は、ぜひこのブログを一読ください。

 

東京のペット供養でおすすめのお寺(ペット霊園)

東京には、ペットの供養を行うためにおすすめのいくつかのお寺があります。以下では、その中でも特におすすめのお寺を紹介します。

 

大森ペット霊堂(東京都大田区)

大森ペット霊堂は、ペット専門の霊園であり動物に特化した施設です。火葬から供養まで全てが行える唯一のペット霊園です。東京だけでなく、全国から大森ペット霊堂へ供養のお申し込みがあるほど、信頼のできる霊園です。ペットの永代供養から、個別納骨、そして海洋散骨まで納骨をすることができ、ペット専用の法要も毎月2回あり、どなたでも参加できるのが特徴です。

 

大森ペット霊堂の公式HPはこちらをクリック

 

 

慈恵院/多摩犬猫霊園(東京都府中市)

慈恵院/多摩犬猫霊園は、ペットの供養ができるお寺です。こちらでは、ペットの火葬や葬儀を行うことができます。無料の合同法要日も設けられており、気軽に参加することができます。また、ご先祖供養や水子供養、人形供養なども行っています。

 

成勝寺

成勝寺は、浄土宗のお寺であり、ペットと一緒に眠るお墓を提供しています。最新の設備を備えた納骨堂や高級感のある建物を使用しており、法要や法事も執り行うことができます。また、バリアフリー対応もしており、檀家になる必要もありません。

 

向島たから陵苑

向島たから陵苑は、墨田区にある納骨堂施設です。こちらでは、ペットと一緒に眠ることができます。参拝スペースでは、ペットの写真や動画を表示することができ、大切な思い出をかみしめながら供養することができます。ご供養も予約なしで行うことができます。

これらのお寺では、ペットの供養を心の安らぎとともに行うことができます。各お寺にはそれぞれ特徴がありますので、家族と相談しながら選ぶことが大切です。気になるお寺があれば、まずは資料請求や現地見学もおすすめです。

 

 

ペット供養の種類と費用

ペット供養にはさまざまな方法があります。それぞれの方法には費用がかかる場合もあります。以下では、主な供養の種類とそれに伴う費用について説明していきます。

 

納骨堂

納骨堂では、屋内にたくさんの納骨スペースを設けた供養方法があります。ペット霊園では、箱型のスペースが並んだ棚式や、扉がついていてカギがかかるロッカー式が主流です。納骨堂では、年間契約をすることが一般的で、費用は年間1万5,000円から5万円程度です。納骨堂は比較的安価な供養方法です。大森ペット霊堂では、1万円〜ご案内ができます。

 

納骨予約はこちらをクリック

 

合葬墓

合葬墓では、他のペットの遺骨と一緒に納骨する方法があります。大きな供養塔などに他のペットの遺骨と一緒に納骨されます。一度納骨したら個別に取り出すことはできません。合葬墓の費用は一般的に1万円程度です。合葬墓は、他のペットと一緒に眠りたいという方に適した供養方法です。

 

ペットの永代供養の予約はこちらから

 

個別墓

個別墓では、個別に墓石を設ける供養方法があります。個別墓石にはペットの名前が刻まれます。個別墓の費用は、土地の限られた東京では多少割高になる傾向があります。一般的な費用相場は20万円から30万円程度です。個別墓は、ペットに個別の場所を提供したいという方に適した供養方法です。

 

お彼岸や命日に行われる供養祭

ペット霊園では、定期的にお彼岸や命日に合同供養祭を行っています。これにより、個別のお墓を設けなくても、定期的にお供えや供養を行うことができます。また、ペットの命日には個別供養の案内が届くこともありますので、個別にお経をあげてもらいたい場合は問い合わせをすることができます。ペット霊園では、ペットとのつながりを大切にし、供養を行っています。

以上がペット供養の主な種類とその費用についての説明です。自分の予算やペットとの関係を考慮しながら、最適な供養方法を選ぶことが大切です。また、ペット霊園では定期的に合同供養祭が行われているため、お彼岸や命日には安心して供養を行うことができます。

 

 

人気ペット霊園の比較

東京都にはいくつかの人気のあるペット霊園がありますが、それぞれに個々の特徴があります。以下では、例として【霊園A】【霊園B】にわけて、どのような施設の違いがあるのか比較してみます。

 

アクセス・立地

霊園Aは都心から車で約30分の距離に位置し、広い駐車場があります。アクセスが非常に便利です。一方、霊園Bは電車でのアクセスが良好で、駅から徒歩数分の場所に位置しています。駐車場は限られていますが、電車を利用する方には便利です。

 

お墓の種類

霊園Aでは一般墓主がメインの霊園であり、代々継承していくお墓です。自由に色や形を選ぶことができ、墓石に好みのデザインを彫刻することも可能です。霊園Bでは樹木葬がメインで、自然に囲まれた美しい環境が特徴です。遺骨を植物の下に納めることができ、永代供養に対応した施設もあります。

 

 

施設・設備

霊園Aには広い駐車場や休憩所があります。バリアフリー設計になっており、お年寄りでもお墓参りしやすい環境です。一方、霊園Bには水はけの良い区画があり、水道施設の近くに手桶や柄杓が用意されています。清掃が行き届いており、植物も適切に手入れされています。

 

管理状況

霊園Aでは墓所やトイレの清掃が行き届いており、植物も適切に手入れされています。建物も耐震設計であり、管理状況は良好です。霊園Bでは施設内の清掃が行き届いています。建物も老朽化しておらず、管理状況は良好です。

 

ペットと一緒に入れるか

霊園Aにはペットと一緒に眠ることができるスペースがあります。さらに、人間のお墓の近くにはペット専用のお墓も存在します。霊園Bではペットと一緒に眠ることができる霊園で、同じスペースに納骨することができます。

 

以上の比較を考慮し、自身に合った人気のあるペット霊園を選びましょう。特にアクセスや施設・設備は、日常的なお墓参りにおいて重要な要素です。ペットの供養は大切な家族との永遠の繋がりを形作るものですので、慎重に選びましょう。

 

 

ペット供養の際の作法

東京でペットの供養を行う際には、いくつかの作法があります。以下に、ペット供養の際に考慮すべき作法をご紹介します。

 

供花の準備

東京のペット供養の際には、供花を用意することが一般的です。供花は、ペットの霊位や供養台に飾られます。花を選ぶ際には、ペットの好みや個性に合わせて選ぶと良いでしょう。また、ペットが好きだった花や色を選ぶことも考慮に入れると、より深い意味を持つ供花になるでしょう。

 

法事の参加

東京でペットの法要に参加する際には、参拝の作法に従いましょう。具体的には、以下のような作法があります。

  • 参道を歩く際には、静かに慎重に歩みましょう。
  • 拝殿に入る際には、靴を脱いで正座で参拝します。
  • 礼拝する際には、手を合わせてお祈りします。

また、法要や読経の際には、心を込めて参加しましょう。自分の思いや感謝の気持ちを伝えることが大切です。

 

 

お焚き上げの作法

ペット供養の終了時には、お焚き上げが行われることがあります。お焚き上げでは、火を使ってペットの魂を天に送る儀式です。お焚き上げの際には、以下の作法を守るようにしましょう。

  • 火の前で祈りを捧げましょう。
  • 決められた順番で火に供え物をしましょう。
  • 火が消えるまで黙祷を捧げましょう。

これらの作法を守ることによって、ペットの供養がより厳かなものとなります。ですが東京ですと、ペットのお焚き上げを行なっている施設は少ないです。

もし、ペット関連のお焚き上げが必要な家族は、大森ペット霊堂にご相談してください。どんなことでも対応してくれる東京都大田区にあるペット霊園です。

 

大森ペット霊堂のHPはこちらをクリック

 

供養の心得

ペット供養の際には、以下の心得を持つことが大切です。

  • 故意にペットに嫌いなことや苦痛を与えないようにしましょう。
  • 長い間一緒に暮らしてきたペットに感謝の気持ちを持ちましょう。
  • ペットの最期を心穏やかに迎えることが大切です。

以上の作法や心得を守りながら、ペット供養を行いましょう。ペットとの別れは辛いものですが、供養を通じて心の癒しや悲しみの受け入れが進むことでしょう。

 

 

ペットロス体験談

ペットを亡くした経験は、多くの飼い主にとって非常に辛いものです。ここでは、東京都内で実際にペットを失った方々の体験談をご紹介します。これらの体験談は、飼い主の心情や悲しみを伝えるものであり、他の飼い主の方々に共感を与え、励ましを与えることができるでしょう。

 

体験談1:愛犬の最期を見届けて

私は10年間、可愛い愛犬と共に過ごしました。とても元気で明るい性格の犬で、私たち家族の癒しの存在でした。しかし、ある日、突然体調を崩し動物病院に連れて行ったのですが、治療にもかかわらず症状は悪化する一方でした。

最終的には病院での治療が難しいと判断され、私たちは家で最期を迎えることにしました。愛犬は私たちの手の中で静かに息を引き取りました。その時の愛犬の表情は穏やかで、私たちは少し安堵の気持ちを抱きました。

愛犬が亡くなった後は、悲しみが込み上げてきました。毎日の散歩や食事の時間に愛犬の存在がないことがとても寂しく感じられました。しかし、時間が経つにつれて悲しみも少しずつ和らいでいきました。今でも愛犬のことを思い出すたびに感謝の気持ちが湧いてきます。

 

 

体験談2:思い出の写真を大切にする

私は大切な愛猫と15年間共に生活しました。愛猫は私の一番の癒しであり、心の支えでした。しかし、老衰によって猫は亡くなってしまいました。最期は自宅で看取ることができましたが、それでも悲しみは深く、何日も泣いて過ごしました。

しかし、時間が経つにつれて、私は猫との思い出を大切にするようになりました。特に、一緒に撮った写真を見ることで、愛猫との思い出が蘇ります。写真を見るたびに、私に与えてくれた幸せな時間を感じることができます。

また、愛猫の亡骸を火葬し、骨壷に納めたことも私にとって大切な経験でした。愛猫の存在が私の心にずっと残ることで、少しずつ悲しみを受け入れることができました。

 

 

体験談3:ペットの形見を作る

私は亡くなった愛犬の形見として、ペットの写真を刺繍して作品にしました。愛犬が生きている時の写真を元に、手作りで作品を作ることで、愛犬の思い出を身近に感じることができました。

作品を作る過程はとても辛かったですが、完成した作品を見るたびに安心感を感じることができました。作品が私の心の支えとなり、少しずつ悲しみから立ち直ることができました。

 

 

まとめ

ペットを失うという経験は、飼い主にとって非常に辛いものです。しかし、他の飼い主の体験談を聞くことで共感や励ましを受けることができます。自分なりの方法でペットとの思い出を大切にし、少しずつ悲しみを受け入れていくことが大切です。

 

まとめ

ペットの供養は、飼い主にとって大切な経験です。東京には心のこもったペット供養のできる寺院があり、種類や費用もさまざまです。また、ペットロス体験談からわかるように、ペットを失った悲しみは大きいものですが、そこから立ち直る方法もあります。ペットの思い出を大切にし、供養を通じて心を癒すことが重要です。ペットとの時間を大切にし、供養の心を持ち続けることで、飼い主の心は確実に癒されていくはずです。

 

 

よくある質問

 

ペット供養におすすめのお寺はどこですか?

東京の有名なペット供養のお寺には、大森ペット霊堂、慈恵院/多摩犬猫霊園、成勝寺、向島たから陵苑などがあります。それぞれ特徴が異なるため、家族と相談しながら自分に合った場所を選ぶことが重要です。

 

ペット供養にはどのような費用がかかりますか?

ペット供養の主な方法には、納骨堂(年間1.5万円~5万円程度)、合葬墓(1万円程度)、個別墓(20万円~30万円程度)などがあり、自身の予算に合わせて選択できます。また、お彼岸や命日の供養祭も利用できます。

 

人気のペット霊園にはどのような特徴がありますか?

人気のペット霊園を比較すると、アクセスの良さ、お墓の種類、施設設備、管理状況、ペットと一緒に入れるかなどの違いがあります。自分のニーズに合った霊園を選ぶことが重要です。

 

ペット供養の際の作法にはどのようなものがありますか?

ペット供養では、供花の準備、法要への参加作法、お焚き上げの作法などが大切です。また、ペットに対する感謝の気持ちを持つことも重要です。これらの作法を守ることで、より厳かな供養ができるでしょう。

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット火葬に携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※ペット火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ

関連記事

24時間365日受付・年中無休・ご相談無料