BLOG

ブログ

動物を捨てるのは犯罪です

2018年5月20日

 

 

大森ペット霊堂 笹本です。

 

 

 

 

 

 

昨日の朝、

大森ペット霊堂の横を流れている川沿いに

 

こんな袋が置いてありました。

 

 

 

 

よくゴミが置かれているところで、

スタッフの中では私しか通らない道でした。

 

 

こんな綺麗な袋が置いてあるのが不思議でだったので

なにかな?

 

と思い覗いてみると

 

 

 

なかにケージのようなものが見えて

 

 

更によく見るとこんなものが

 

 

 

 

まさかとは思いましたが、

 

中を覗くと

 

そこにはジャンガリアンハムスターがいました。

 

 

その子は今、

大森ペット霊堂の事務所にいます。

 

病院にも連れていき、

健康状態には、問題はないとのことでした。

 

 

しかし、もう若くはないそうです。

 

 

その子は今、スタッフの中で

たまちゃんと呼ばれています(社長が命名)

 

 

 

 

 

昨日から

新しいスタッフとなった

たまちゃん。

 

 

こんなに可愛らしいのに、

 

捨てられてしまったのでしょうか?

 

 

ただ、何かのトラブルで

 

置き忘れてしまったとしたら

すぐに迎えに来てあげて下さい。

 

 

 

 

 

本当に捨てたのだとしたら、

 

許せません。

せめて誰かに譲ったり、

ほかに方法があったのではないかと思います。

 

動物を捨てることは

立派な犯罪です。

 

動物を愛している人たちと出会える

大森ペット霊堂に毎日いるからこそ、

 

 

このようなことは、

凄く悲しく、そして悔しく思います。

 

 

 

 

 

私はその前の日にお休みをいただいていたのですが、

前の日にもその袋は

置いてあったそうです。

 

次の日に気づいてよかったけれど、

 

もし、あと一日そのままだったら、

 

と考えるととても怖いです。

 

 

 

 

ハムスターの生涯は

 

とても短いです。

 

 

その中で、

私は、たまちゃんを見つけて

出会い、

 

大森ペット霊堂のスタッフに可愛がられるようになって、

 

それも一つ、縁があったという事には

 

間違いありません。

 

 

そんなたまちゃんと

私達の残りの年月を

 

大切に過ごして行ってあげたいと思っております。

 

 

 

 

 

 

たまちゃんと会ってみたいという方が

いましたら、二階受付でお声掛けください。

 

 

 

 

 

動物の愛護及び管理に関する法律

 

この法律の第六章 罰則 第四十四条では、

 

”愛護動物を遺棄した者は、

百万円以下の罰金に処する”

 

とされます。

 

 

 

 

 

罰金があるからとかではなく、

 

動物を捨てることは

 

罪に問われることだ、

という事をみなさんに知って頂きたいです。

 

 

 

 

どんな動物でも、

生涯幸せに生きられるようになることを

祈って行動していきます。

 

 

東京のペット葬儀、火葬なら大森ペット霊堂

動物ボランティア活動なら友愛の会

どんな相談でもお受けいたします

大森ペット霊堂は動物と人の共生を目指します

東京都大田区大森東2-1-1

大森ペット霊堂 スタッフ笹本