1. TOP
  2. BLOG
  3. 使役犬のお仕事、葬儀とご火葬のことについて

BLOG

ブログ

使役犬のお仕事、葬儀とご火葬のことについて

2019年7月4日

 

 

こんにちは、大森ペット霊堂の立崎です。

 

 

 

みなさんは、「 使役犬 」という犬たちがいることはご存知でしょうか?

 

 

 

大森ぺット霊堂では、

この使役犬と呼ばれる子たちの葬儀や火葬を多く任せていただいております。

 

使役犬は、私たちが生活をしているいろんな場面で人助けをしてくれており、

またその使役犬にも色んな種類があり、その役目によって活躍する現場も違います。

 

例えば、警察犬、災害救助犬、盲導犬、介助犬、探知犬、セラピードッグなど、

まだまだたくさんの使役犬がいます。

 

 

今上記にあげた中でも、

名前は聞いたことはあるけど…実際どんなことをしているのかはわからない。

というものも多いのではないでしょうか。

 

 

私は専門学生の頃、ペット専攻で主にドッグトレーナーのことを学んでおり、

その中でも、災害救助犬育成サークルに入り、学内犬を災害救助犬に育てよう。

ということを目標に毎日トレーニングに励んでいました。

 

 

そんな私が学生の頃に学んだ災害救助犬についてのお話、

ご葬儀、ご火葬までのお話を今回はさせてもらいたいと思います。

 

 

 

 

救助犬とは

 

 

災害救助犬は、レスキュードッグ とも呼ばれています。

 

その名の通り、人を救うために活躍する犬たちです。

 

主に地震や台風、土砂崩れなどによる災害で行方不明になっている人たちを

人間の100万培~1億培もあるといわれている優れた嗅覚で捜索するために

特別な訓練のされた犬たちです。

 

彼らは救助隊の人たちとともに、全壊した建物や倒壊した建物の下敷きになった人の捜索や

土砂災害などあらゆる災害現場に出動します。

 

また、人の命を救うための捜索活動は、きわめて慎重な判断が必要になってくるため

実際の現場を想定し、足場の悪い瓦礫の中や山中の行方不明者を探す訓練を重ねたり、

訓練士さんの指示に的確に行動できるように服従訓練をしたりと、

日々たくさんの厳しい訓練を乗り越え、救助犬として現場に立っています。

 

ですがその訓練はただ厳しいものではなく、

犬たちにとっては楽しいもの、こんなことをしたら大好きなご褒美がもらえる面白いもの

という気持ちをもち、訓練、そして人探しをすることが楽しいことなんだ

と思ってもらえるような訓練をしていきます。

 

 

 

 

警察犬と救助犬の違い

 

 

警察犬と救助犬の違いのひとつとしては、匂いの取り方にあるとされています。

 

テレビなどで見かける警察犬たちは、何かを追うような姿勢で、

地面の臭いを嗅ぎながら進んでいる姿を見ることも多いのではないでしょうか。

 

警察犬は、その行方不明者や犯人の私物からの原臭や足跡臭などの固定の臭いを頼りに、

その人がいたルートを辿りながら特定の人の捜索していきます。

 

救助犬はというと、浮遊臭と呼ばれる空気中に漂う人の体臭や息などの臭いを頼りに、

行方不明者がどこにいるのかを探りながら捜索を行います。

そのため特定の人ではなくたくさんの浮遊臭、人の臭いの中から探し出します。

 

このように嗅覚の使い方や、捜索する対象の人などの部分で違ってくるのがこの二つの使役犬の違いと言えます。

 

 

 

 

災害救助犬たちは、日本で起きた東北大震災などの災害現場の他にも、

海外の災害現場に出向き、要救助者を見つけることに貢献しています。

 

そして使命を果たし引退した使役犬たちは、

現場には立たないものの色んなイベント活動に参加し啓蒙活動をしてくれたり、

他の家庭犬と変わらずゆっくりとした日々を過ごしていきます。

 

 

 

大森ペット霊堂ではこのような救助犬、警察犬、訓練犬などの葬儀、ご火葬も承っており、

実際に、皇宮警察犬などのお迎え、ご火葬も行わせていただいております。

 

 

葬儀内容としては、

大森ペット霊堂では3つのプランに分かれており、そのプランは以下のものになります。

 

  • お立会い葬儀
  • 個別一任葬儀
  • 合同葬儀

 

お立会い葬儀、個別一任葬儀は、

どちらもそのご家族さまのペットちゃんのみのご火葬となります。

 

2つの違いとしましては、

ご家族様にペットちゃんのお骨を骨つぼの納めて頂くご収骨を、最後までお立会いいただくものと、そのご収骨を私たちスタッフに一任して頂き、ペットちゃんのお骨を骨つぼに納めた形でお返しさせて頂くものになります。

 

また合同葬儀は、他のペットちゃんたちと一緒にご火葬させて頂き、大森ペット霊堂にあります合同永代供養墓地に納骨させて頂いております。

 

 

 

 

 

最愛のペットちゃんが亡くなってしまったとき、その子をどんな形で見送ってあげたいか。

 

もし少しでも気になることがございましたら、

いつでも大森ペット霊堂へお電話、もしくはご来堂ください。

 

 

 

 

 

ペットの葬儀、火葬なら大森ペット霊堂

最愛の子の最期について、何でもご相談下さい。

大森ペット霊堂は動物と人の共生を目指します

大森ペット霊堂HPはコチラ

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594