1. TOP
  2. BLOG
  3. 犬同士、動物同士の挨拶!

BLOG

ブログ

犬同士、動物同士の挨拶!

2018年1月5日

こんにちは!笹本です!あけましておめでとうございます!

 

皆様は年越し、お正月、どのようにお過ごしですか?私は大森ペット霊堂で年を越しました!!

年越し12月31日は午前2時まで納骨堂、本堂を開放していました!

甘酒も無料でお配りしていたんです(^^)毎年恒例にしていこうと思ってます!!

人は誰かと会ったら挨拶をします。犬もお散歩中に、他の犬に会ったら挨拶しますよね!!犬の挨拶ってどんな風にするのでしょうか?

 

 

まず、、、、、とにかくニオイを嗅ぎます!お尻の臭いで判断!!

相手の力量が分かっちゃうみたいです!

おしりのニオイでそんなことも分かるんですね!

同じくらいの力量で、相性が良ければそのあとに飛びつきあって、遊んだりもします!

たまにしっぽを全然上げない子もいますよね!そういう子は、あまり自信がないみたいです。。

うちの犬たちは大体しっぽ下げっぱなしですね(-_-;)

お尻のにおいを嗅いだらあっさり離れる場合は、お互いに興味がわかない相手のようです!相性がニオイで分かるんですね。。

それでは、猫の場合はどうなんでしょう??

 

猫ははじめに鼻を確認し合います!

身体はなるべく近付けないようにして、首を伸ばして、鼻を嗅ぎ合います。

鼻の周辺を嗅いで納得すると、わき腹から最後は相手の肛門のニオイを嗅ごうとします。

お互いに嗅がせないようにグルグル回って、その間に優劣が決まるそうです!

最期はどちらかがしっぽをあげて、相手にニオイを嗅がせます!

猫同士が目を合わせている時はケンカの前触れで、ケンカ売ってるのと同じ意味です。

家族や、親しい間柄の場合は、それが愛情表現にもなるそうです。

それでは、あまり知られていない馬の挨拶はどうでしょう?

 

実は、馬も鼻同士のニオイを嗅ぎます!

どの動物も鼻でニオイを確認するのが当たり前みたいですね!

人の場合はあまり鼻は使わないですよね?(笑)

私は使いません。。

しかし、ニュージーランドのマオリ族の人たちは、鼻と鼻をくっつけて挨拶するらしいんです!!

 

私の勝手な想像ですが、昔は人も鼻を使って挨拶していたんじゃないかなぁと思いました。。

 

 

動物同士の挨拶って、実はよくある光景ですよね!自分のペットちゃん達や、街中のペットちゃんたちが挨拶しているのを見て、なにか会話をしているんじゃないかと、考えると、面白いかもしれませんね!

人の挨拶とは違った形ではあっても、他の動物たちも、コミュニケーションを取っているんです。

やはり、同じ生き物だと感じます。

 

今年も動物たちのために私ができることを増やしていきたいと思っております。2018年もよろしくお願い致します。

 

 笹本

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ