BLOG

ブログ

長生き=骨の強さ?

2018年1月31日

こんにちは!江川です。

保護猫のチョビは今日お気に入りなのかずっと箱の中にいてなんだか不思議な感じです!(笑)

最近そのチョビとブチョと触れ合う方々を見て心がほっこりしています。

この子たちは幸せな家庭に向かい入れてもらいたいのですが、

少し時間はかかるかもしれませんので、気長に待ちたいと思います(笑)

 

最近色々なペットちゃんのお骨を拝見させてもらいますが、

長生きをしてくれるペットちゃんのお骨は、火葬後、崩れにくい傾向にあります。

犬の骨格の成長スピードは犬種や体格によって少し幅がありますが、

だいたい

小型犬 8~12カ月

中型犬10~12カ月

大型犬15~18カ月

 

程度で子犬から成犬の骨格へと成長します。 はやい・・・

 

次に

を丈夫に保つポイントをいくつか紹介させていただきます!

 

 

 

・カルシウム

犬は人間の14倍はカルシウムが必要と言われています!

チーズ、ヨーグルト、牛乳、小松菜、ゴマ、ひじき、わかめ、ほうれん草、オクラ、チンゲンサイ、

あしたば、かぶの葉、水菜、大根の葉、モロヘイヤ、パセリ、切干大根、豆腐(もめん)、きなこ、納豆、

 

・リン

タラ、カツオ、マグロ、ブリ、サケ、鶏ささみ、鶏ムネ肉、鶏砂肝、鶏なんこつ、牛ホルモン、さつまいも、

じゃがいも、茹でうどん、煮干し、しらす干し、削りガツオ、タマゴ、大豆

 

これは骨を強くするのであって、与えて過ぎては良くないと言われてますので注意してください!

 

・骨が弱くなってしまった場合、

どのようなことが起こりうるのかご説明させていただきます!

 

・老後自分の足で立てなくなる

 

・靭帯を痛めたり、骨折する

 

・肥満になる(四肢の関節に負担がかかり関節炎などを引き起こす可能性があります。

関節は一度炎症を起こし痛めてしまうとなかなか治りづらい部位でもあるそうです。)

等の症状が考えられます!

 

どうすればいいのか?

 

検診

定期的な検診、予防は飼い主さんの義務とも言われています。

犬ちゃんは基本的に飼い主さんに「痛い・辛い」を隠す動物ともいわれています。

様子がおかしくなったり症状に現れた時には、実は病気が潜んでいることもあるので検診予防により進んでいる病気を止めてあげられるかもしれません!

 

 

最後に

海外の犬のことわざをご紹介したいと思います。

 

イギリスのことわざ

こどもができたらを飼いなさい」

子供が生まれたら犬を飼いなさい。

子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。

子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。

子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。

そして子供が青年になった時、

自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう

 

凄く意味があることわざですね!作者は不明らしいです…

以上江川でした!

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。