BLOG

ブログ

ペット葬儀の服装・持ち物は何を用意したらいい?

2020年9月25日

大切なペットが亡くなり、ペット葬儀の予約をされた飼い主様。ペット葬儀の会場までどんな服装で行ったら良いのか、またどんな持ち物が必要になるのか、気になる事やわからない事がたくさんあることと思います。今回は大森ペット霊堂の荒井が、ペット葬儀における服装や持ち物についてお伝えさせて頂きたいと思います。

ペット葬儀の服装は?

人間の葬儀の場合、服装は黒色を基調とした「喪服」がマナーとされています。しかしペット葬儀の場合は、必ず「喪服」でなければいけないという決まりがございません。大森ペット霊堂においてもペット葬儀にお越しされる飼い主様のほとんど、8割ほどの飼い主様は私服でお越し頂いております。ペット葬儀のためにスーツなどを新調されなくても問題ございませんのでご安心下さいませ。私服でお越し頂く事に少し抵抗がある飼い主様は、喪服や暗めのトーンの服装でお越し頂いても大丈夫でございます。ペット葬儀における服装に指定はございませんのでご安心下さいませ。

  • ●私服でOK。
  • ●気になる方は暗めのトーンの服装でお越し下さい。

ペット葬儀の持ち物は?

ペットちゃんのご遺体をお連れ頂く時にご一緒にお持ち頂きたい物がございます。ペットちゃんがよく食べていたゴハンやオヤツ・生花・飼い主様ご家族のお写真やお手紙・その他お気に入りのオモチャやタオル等、ペットちゃんが虹の橋を渡った後も天国で幸せに暮らせるように、大好きだった物をご一緒に持たせてあげて下さいませ。

  • ●ゴハンやオヤツ
  • ●生花
  • ●お写真
  • ●お手紙
  • ●その他お気に入りのオモチャやタオル等

ゴハンやオヤツ

毎日食べていたドライフードや缶詰など、またご褒美にあげていたジャーキーやガムなど、よく食べていた大好きなゴハンやオヤツをご用意下さい。お持ち込み頂いた食べ物は一旦こちらでお預かりさせて頂き紙皿にお移し致します。食べ物はペット火葬後も燃えかすが残る事が多く、お骨につかないようにお身体から少し離れた所に添えさせて頂きます。たくさんご用意頂きますとペット火葬時に煙が舞い上がってしまいお骨が黒くなってしまう可能性がございますので、紙皿3皿分程度に抑えて頂いております。

生花

造花はペット火葬できない為、生花をご用意下さい。お花の種類はどんな種類やお色でも大丈夫でございます。その子に似合う種類やお色のお花を選んであげて下さい。季節のお花やお家の庭に咲いていたお花・お散歩コースに咲いていたお花をお持ち込み頂く飼い主様もいらっしゃいます。お花はペットちゃんのお身体のそばに添えて頂けます。

お写真

これからも大好きなご家族のお顔をずっと見ていられるように、ご家族の写っているお写真をご用意下さい。お顔が見えるように、お寝かせしたペットちゃんのお顔のお近くに添えさせて頂きます。きっと楽しかった思い出をずっと忘れないでいてくれると思います。たくさんご用意いただいた場合は、ペット火葬時に燃えかすが広がりお骨に影響が出てしまわないように3点ほどに絞らせて頂きます。亡くなったペットちゃんのお姿のみ写っているお写真をご用意いただいた場合は、遺影として祭壇に飾らせて頂くことも可能でございます。

お手紙

大切なペットちゃんに伝え忘れた事が無いよう、悔いが残らないように気持ちを綴ってあげて下さい。「今まで本当にありがとう。あなたの事は絶対に忘れません。これからもずっと見守っていてね。」そんなお気持ちを伝えてあげて下さい。メッセージをお写真の裏面に書かれる方や折り鶴に書かれる方、似顔絵付きのメッセージやとても大きな文字でメッセージを残される方もいらっしゃいます。
お手紙はペットちゃんが読んでくれるようにお手手の間に挟んであげたり、お顔のそばに添えさせて頂きます。

 ペットの骨壺も用意した方がいいの?

大森ペット霊堂では、骨壺の料金もペット葬儀の料金の中に含まれておりますので、飼い主様側で骨壺を別途ご用意頂かなくても大丈夫でございます。こちらでペットちゃんのご遺骨の大きさに合わせて骨壺をご用意させて頂きますのでご安心下さいませ。

もし飼い主様側で何か希望の骨壺がありご自身で骨壺をご用意頂いた場合、ご用意頂いた骨壺に収めさせて頂く事も可能でございます。ご用意頂いた骨壺のサイズによってはペットちゃんのご遺骨を少し細かく砕く等させて頂く可能性もございますので、ご用意頂く前に一度ご相談頂く事をお勧め致します。

ペットの棺も用意した方がいいの?

ペットちゃんのご遺体を大森ペット霊堂までお連れ頂く時に、段ボール製の棺等におさめて頂いた状態でお連れ頂く事がございます。ご用意頂いた棺のままご火葬して欲しいとお願いされる事もございますが、実は段ボールをご一緒にご火葬する事ができません。
以前は段ボールもご一緒にご火葬させて頂いていたのですが、黒煙が上がってしまったりたくさんの燃えかすが残る等して、お骨を綺麗に残してあげられない事が多くございました。その為、段ボールはご一緒にご火葬しないように変更したという経緯がございます。大切なペットちゃんのお骨を白く綺麗に残してあげられるように、ご協力をお願い致します。
棺は、大森ペット霊堂側でご用意させて頂く事が可能でございます。燃えかすの残らない籐製のバスケットタイプの棺となっており、安心してお見送り頂けます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はペット葬儀で多くの方が気になっている事を書きたいと思いましたので、身近な私の家族にペット葬儀を行うにあたって何を知りたいか尋ねてみました。そうしたところ、ペット葬儀の服装や持ち物について一番気になるという意見を得ましたので、きっと多くの方も同じ事でお困りかも知れないと思い、ペット葬儀の服装や持ち物をテーマに書いてみました。少しでも参考になれば幸いです。

また、ペット葬儀について他にも気になる事やお困りな事がきっとたくさんあるかと思います。そのような時は私までご相談下さいませ。

大森ペット霊堂 荒井

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。