1. TOP
  2. BLOG
  3. ポメラニアンの納骨はどうする?納骨方法や費用について

BLOG

ブログ

ポメラニアンの納骨はどうする?納骨方法や費用について

2021年3月17日

ポメラニアンが亡くなり、葬儀を行った後に納骨をどうしようかと悩んでいる方も多いかと思います。

 

最近では、ペット霊園の納骨堂に納めることが一般的ではありますが、他にどんな供養方法があるのか、納骨の費用がどのぐらいかかるのかも気になるところですよね。

 

この記事では、ポメラニアンの納骨方法や費用をご紹介します。

 

 

ポメラニアンの3つの納骨方法

ポメラニアンの納骨方法はペット霊園に納めることが一般的です。しかし、ポメラニアンが亡くなり心の整理がつくまで、手元供養をする飼い主さんもいらっしゃいます。ここでは、大きく分けて3つあるポメラニアンの納骨方法についてみていきましょう。

 

1. ペット霊園の納骨堂で供養する

ポメラニアンが亡くなると、ペット霊園等で葬儀・火葬を行います。ペット霊園には納骨堂という、ポメラニアンの遺骨を収蔵するスペースがあります。

 

飼い主様の火葬後の納骨方法はさまざまで、葬儀後にすぐ納骨堂に納める飼い主さんもいらっしゃいますし、心の整理がつくまで手元供養をして、四十九日をきっかけに納骨をする飼い主さんもいらっしゃいます。

 

納骨堂は、基本的には室内にありますので、雨・風などの影響を受けることなくいつも綺麗な状態をキープできます。さらに、お参りの際も天候に左右されないので安心です。

 

2. 自宅で供養する

ポメラニアンを自宅で供養することを、手元供養といいます。ペット用のミニ仏壇を購入し、お花・ドッグフード、愛犬の好きだったおやつなどをお供えできます。

 

また、ミニ仏壇の中でも本格的な扉付きの仏壇を購入し、ポメラニアンの骨壺を納めることができるものもありますよ。ペット用のミニ仏壇に遺影を置き、お線香をたいて毎日手を合わせてあげることができます。

 

ポメラニアンが亡くなってすぐに納骨堂に納めるのが寂しい飼い主さんは、一度家で供養して四十九日に納骨堂へ納める方もいらっしゃいます。

 

手元供養を行うことで、自宅でしっかりお別れができるので気持ちの整理をつけることができます。

 

3. 散骨する

ポメラニアンが自然や海が好きだった場合、散骨をしてあげていと希望する飼い主さんもいらっしゃいます。しかし、どこにでも散骨をしていいわけではありません。

 

散骨したい場合には、ペット霊園等に問い合わせて散骨プランがある場所で、ポメラニアンのために散骨してあげると愛犬も喜んでもらえますよ。

 

散骨プランがあるペット霊園ですと、「散骨証明書」をいただけるのでお任せした後も安心です。

 

 

ポメラニアンの必要性や納骨費用について

ポメラニアンをペット霊園等の納骨堂に納める場合の納骨費用をご紹介します。また、ポメラニアンのペットに納骨は必要なのかも気になるところですよね。ポメラニアンの納骨の必要性についてもお話していきます。

 

ポメラニアンの納骨は必要?

ポメラニアンに納骨が必要なのか、悩む飼い主さんもいらっしゃいます。さまざまな考え方がありますが、結論から先にいいますと納骨は仏教の考えの上では必要だといえるでしょう。

 

仏教には「魂は仏様の元へ」といい、亡くなったポメラニアンを本来の場所へ戻ってもらうことで、成仏できるといわれています。

 

人間が納骨するのと同じように、ペットにも同じように納骨してあげることが理想的の供養方法ではあるといえるのではないでしょうか。

 

ポメラニアンの納骨費用

ポメラニアンの納骨費用は、個別納骨・合同納骨をするかによって、費用も大幅に変わっていきます。

 

個別納骨の場合は、

  • ・1万円〜30万円が相場
  • ・年間管理費は1万円〜3万円が相場

 

個別納骨の場合1万円〜数10万円と、差が大きいのが特徴です。ポメラニアンの骨壺を納める棚の大きさ等から、どのように個別納骨するかを選べるので、予算に合わせて選ぶことができます。

 

続いて合同納骨の場合ですが、

  • ・8,000円〜
  • ・年間管理費は無料のところもある

 

合同納骨の場合、個別納骨に比べて費用が抑えられます。年間管理費は不要なところもありますので、ペット霊園に問い合わせて納得のいく納骨方法を選んでくださいね。

 

 

 

ポメラニアンを納骨方法は事前に考えておこう

ペットの納骨方法は、飼い主様によって選び方はさまざまです。亡くなってから慌てて葬儀を行い、あとで後悔された飼い主さんも実際にいらっしゃいます。

 

若くて元気なポメラニアンでも、事故や病気になることは考えられます。もし仮に、ペットのポメラニアンが急死してしまった場合は、特に気が動転してしまいます。

 

ペットの納骨方法については、ポメラニアンが元気なうちにどんな形で行うか家族で話し合っておくと、後悔することなく納得のいくお別れができます。

 

また、家族で話し合いが終わった後には、希望のペット霊園等に葬儀方法・内容はもちろん、ペット霊園内や納骨堂を実際に見学をしておき、スタッフさんに気になるところや疑問点をしっかり確認しておくといいでしょう。

 

事前にポメラニアンと飼い主さんにとって納得のいくペット霊園を探しておくことがとても重要です。

 

 

 

まとめ

ポメラニアンの納骨方法や費用をご紹介しました。ポメラニアンの納骨できる場所はペット霊園の納骨堂が一般的で、人間同様に四十九日まで自宅供養をする飼い主さんもいらっしゃいます。

 

ポメラニアンとのお別れを悔いのないように行うため、元気なうちに生前相談をして家族でお別れ方法を話し合っておくことで、突然のお別れであっても納得のいく葬儀を行えます。

 

愛犬のポメラニアンが安らげる場所を家族で見つけてあげてくださいね。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ