BLOG

ブログ

オカメインコの火葬はできる?火葬の流れと火葬後の納骨方法について

2021年3月24日

飼っているオカメインコが亡くなったら、火葬をしてもらえるのか、またどこでできるのか心配になりますよね。

 

昔はオカメインコが亡くなると、火葬をせずに埋葬するのが一般的でしたが、今はペットを火葬して納骨をするのが一般的になりました。

 

この記事では、オカメインコが火葬できるのか、犬や猫のように火葬後に納骨できるのかについてご紹介します。

 

 

オカメインコの火葬の流れ

小さな身体のオカメインコの火葬はできるかどうか、気になっている飼い主様も多いかと思います。現在、ペット霊園ではオカメインコの火葬ができるところが増えてきています。

 

しかし、火葬場所によってはちいさなペットの火葬を受け付けていないところもありますので、まずは念のために問い合わせ、オカメインコの火葬が可能か聞いてみてくださいね。

 

また、オカメインコの火葬は、個別火葬と他のペットちゃんと一緒に火葬を行う合同火葬のどちらかを選ぶ飼い主様が多くいらっしいます。

 

オカメインコが亡くなったら、すぐにペット霊園に電話し、火葬の予約をとりましょう。オカメインコの火葬は当日か翌日に行うことが多いので、すぐに火葬ができるか確認する必要があります。

 

その時に、オカメインコの火葬方法を個別火葬にするか合同火葬にするかの説明がありますので、選びます。

 

また、火葬をするまでは安置をしておかなければいけません。以下の手順で進めましょう。

  • 1. 小さいダンボールを用意
  • 2. 底にハンカチを敷く
  • 3. その上にオカメインコを寝かせる
  • 4. 1〜2個の保冷剤を段ボールに入れる
  • 5. オカメインコにハンカチをかける

夏場は腐敗が進まないように、冷房の効いたお部屋で安置し、冬場の場合も暖房の効いたお部屋での安置は避ける必要があります。

 

 

オカメインコは火葬をして遺骨は残るの?

オカメインコの火葬をして、遺骨が残るのか心配になりますよね。オカメインコはとても小さいので、火葬をして遺骨が残らないんじゃないかと心配になるかと思います。しかし、遺骨は残りますので安心してください。ただ、火葬業者選びはとても重要なので慎重に選びましょう。

 

オカメインコの火葬時間

オカメインコの火葬時間は、30分ほどになります。オカメインコは小さいので、火葬時間も早く、犬や猫に比べても葬儀時間は短いものになります。

 

オカメインコの遺骨は残る?

オカメインコは体が小さいだけに、火葬をした後遺骨が残るのか心配になりますが、オカメインコの遺骨は残ります。オカメインコが亡くなった時の状態にもよりますが、しっかりクチバシが残る場合もあります。

 

オカメインコの遺骨を綺麗に残すには火葬業者選びが重要

オカメインコの身体は小さくて火葬後にお骨が残りにくいので、火葬業者によってはお骨の取り上げが難しい場合もあります。そのため、オカメインコの火葬をする場合には、火葬業者の選び方が重要になります。

 

火葬業者を選ぶ際には、小動物や鳥の火葬経験がある業者を選びましょう。不安な方は、オカメインコが元気なうちに生前相談を行い、オカメインコの遺骨は火葬後に残るのかまで確認しておくと安心です。

 

大森ペット霊堂では、オカメインコはもちろん他の小鳥や小動物など、遺骨が残りにくい小さなペットの火葬も承っていおります。ちいさなペットの火葬の経験も豊富にありますので、オカメインコの火葬後に綺麗な状態で飼い主様にお骨拾いをしていただくことができます。

 

オカメインコが亡くなった時の状態にもよりますが、クチバシや頭の形がしっかり残る場合もありますよ。

 

🐦大森ペット霊堂のインコの火葬についてはこちら

 

 

オカメインコの火葬後の納骨方法とは

オカメインコの火葬後、納骨はどうすればいいか悩みますよね。オカメインコの火葬後に納骨するべきなのか、埋葬や手元供養してもいいのか不安になるかと思います。ここからは火葬後の納骨方法について解説いたします。

 

埋葬

オカメインコが亡くなると、昔は火葬をせずに埋葬する方もいらっしゃいました。公園や川辺に埋葬される方もいましたが、ペットの埋葬は私有地じゃないと罰金刑が科せられた事例もありますので、必ず私有地で埋葬するようにしましょう。

 

とはいえ、自宅の庭にオカメインコを火葬せずに埋葬するのもおすすめしません。ニオイが漏れ出して近隣トラブルになる場合もありますし、野良猫のいたずらで掘り返された事例もあります。

 

飼っていたオカメインコのことを思うと、埋葬する前に火葬をしてから、お庭に埋葬する方がいいでしょう。

 

ペット霊園に納骨

オカメインコの火葬後は、ペット霊園に納骨する方がとても多いです。埋葬される飼い主様もいらっしゃいますが、野良猫などの被害などを考えると、ペット霊園で供養してもらう方が安心です。

 

ペット霊園には納骨堂があり、室内でスタッフが管理してくれますので、いつでもキレイな状態をキープできます。また、飼い主様もいつでもお参りできるのもうれしいポイントです。。

 

またペット霊園では、個別納骨と合同納骨が選べます。個別納骨の場合はロッカーや棚に個別で納骨し、合同納骨では、他のペットちゃんと一緒に納骨します。

 

大森ペット霊堂では、個別納骨や合同納骨はもちろんのこと、海に散骨できるプランや、樹木葬ができるプランを用意しております。

 

また、安心してオカメインコを納骨していただけるように、生前相談や霊堂への見学も可能です。ぜひ大切なオカメインコの納骨方法についてご相談くださいね。飼い主様とオカメインコにとってより良い方法で納骨してあげることも、供養になります。

 

🐦大森ペット霊堂の納骨堂についてはこちら(写真付き)

 

 

手元供養

オカメインコの火葬後、手元供養する飼い主様もいます。ペット用のミニ仏壇を用意し、骨壺を納めるのが一般的ですが、その後四十九日にペット霊園に納骨される方も多いです。

 

また、遺骨ストラップや遺骨アクセサリーにオカメインコの遺骨を入れて、身につけている飼い主様もいらっしゃり、飼い主様に合った最適な供養方法を選ぶことができます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?オカメインコの火葬ができるのか、火葬後に遺骨が残るのかご紹介しました。オカメインコを火葬する際は、遺骨が残るように経験があるペット霊園を選ぶことが重要です。

 

オカメインコが亡くなると、悲しくて気が動転してしまい、慌てて葬儀をして後悔した飼い主様もいらっしゃいます。大切なオカメインコの葬儀は、後悔の残らない火葬方法を選択したいところですよね。

 

ペット霊園によっては訪問火葬ができる場合もありますが、近隣から苦情が出るケースも少なくありません…。それにやはり、人間のように大切に葬儀をしてあげたい飼い主様も多いです。

 

大森ペット霊堂では、人間の葬儀同様に読経・ご焼香を行い、手厚いご葬儀を行います。また、遠方にお住まいのご家族様も葬儀に立ち会えるように、オンラインで中継して参列していただくことも可能です。

 

大切なオカメインコとのお別れに後悔が残らないご葬儀は、ぜひ大森ペット霊堂にお任せください。

 

🐦大森ペット霊堂のHPはこちら

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594