1. TOP
  2. BLOG
  3. 品川区でペットの最期を見守る~ペット専門の葬儀社サービスを徹底解説
BLOG
ブログ

品川区でペットの最期を見守る~ペット専門の葬儀社サービスを徹底解説

2024年5月11日

ペットはかけがえのない家族の一員であり、その最期を看取ることは飼い主にとって辛い経験になります。しかし、大切なペットとの最期の時間を丁重に過ごし、心を込めたお別れをすることが重要です。このブログでは、品川区にお住まいの方へ、ペットの死別に備え、最期の時間の過ごし方や品川区近辺のペット葬儀の手配方法、費用や設備・サービスについて詳しく解説しています。

 

目次

大切な家族ペットとの最期の時間

大切なペットとの最期の時間は、飼い主にとって非常に重要な瞬間です。ペットは家族の一員として共に過ごした時間があり、多くの思い出を共有してきました。そのため、最期のお別れはペットにとっても飼い主にとっても特別な意味を持ちます。

 

心を込めたお別れの準備

ペットが亡くなった時には、心を込めてお別れの準備をしましょう。以下はお別れの準備に必要なものの一例です。

  • ペット用のダンボール箱などを用意します。
  • タオルやガーゼ、毛布やバスタオルを準備します。
  • ペットシートやビニール、保冷剤や氷など必要なものも準備します。

ペットの種類によっては、手続きが必要な場合もありますので、事前に確認しましょう。

 

ご自宅での安置方法

葬儀(火葬)をする前に、ご自宅でペットとのお別れの時間を過ごすためには、適切な安置方法を選びましょう。

  • ペット用のダンボール箱などを準備して、ペットを適切な状態に保ちます。
  • ゆっくりとお別れをするために、タオルやガーゼ、毛布やバスタオルを用意します。
  • 必要に応じて、ペットシートやビニール、保冷剤や氷なども準備します。

ペットの種類によっては、特定の手続きが必要な場合もありますので、詳細は品川区在住の方に選ばれる大森ペット霊堂に問い合わせましょう。

 

大森ペット霊堂公式HPはこちら

 

お別れに共にすべきものの用意

ペットが大切にしていたものや好きだったものを、一緒に火葬してあげることもできます。

  • お花
  • 大好きな食べ物
  • ペットが使っていた愛用品(金属やプラスチック類は火葬できません)

ただし、ペット霊園やプランによっては、愛用品などを一緒に火葬することができない場合もありますので、事前に確認しましょう。大森ペット霊堂では、大型の火葬炉を使用しているので、お身体から少し離したところで、お骨に影響が出ないように一緒に火葬することも可能です。

最期のお別れの準備は、飼い主の心の整理をするためにも大切な時間です。大切なペットとの最期の時間を大切にし、心のケアをしましょう。

 

 

品川区近辺のペットの葬儀やお別れの方法を知る

ペットが亡くなった時には、最後の別れをすることがとても大切です。しかし、どのように葬儀やお別れをするかについて迷うこともあるでしょう。このセクションでは、品川区近辺にあるペットの葬儀やお別れの方法について詳しく紹介します。

 

ご自宅での遺体の安置方法

ペットが亡くなったら、まずは自宅で適切にお別れの準備をすることが重要です。以下の手順を参考に、遺体を適切に安置しましょう。

適切な状態を保つための準備

  • ・ダンボール箱、タオル、ガーゼなどの包み材
  • ・毛布、バスタオル、ペットシートなどの敷物
  • ・保冷剤、ドライアイスなど、遺体を冷やすもの

これらを準備し、ペットの遺体を適切な状態に保ちながら、ゆっくりとお別れをしましょう。

 

火葬に一緒に入れられる副葬品

ペットの火葬の際には、ペットと一緒に特定のアイテムを入れることができます。以下は、一緒に火葬できる副葬品の一部です。

  • お花や好きな食べ物、よく使っていた洋服や首輪などの品(ただし金属やプラスチックは火葬できません)

ただし、ペット霊園やプランによっては一緒に火葬することができないこともあるので、事前に確認しましょう。

 

死亡届や鑑札の提出手続き(犬の場合)

犬の場合、死亡届や鑑札の提出手続きが必要です。手続きの際には、以下の書類を提出する必要があります。

  • 犬の死亡届出書
  • 鑑札及び狂犬病予防注射済票

手続きは、地域の動物保護センターや役所の窓口で行われています。詳細な手続きについては、お住まいの自治体の案内を確認しましょう。

 

マイクロチップ登録情報(犬・猫の場合)

犬や猫の場合、マイクロチップの登録が必要です。マイクロチップを装着しているペットが亡くなった場合、所有者情報の登録証明書を用意し、公益社団法人日本獣医師会に申請手続きを行う必要があります。

これらがペットの葬儀やお別れの方法についての一部です。詳しい手続きや方法については、お住まいの地域に合わせて各情報源や専門のペット葬儀サービスを利用しましょう。

 

 

品川区でペットに専門の葬儀社を選ぶメリット

愛するペットとの最期のお別れは、飼い主にとって非常につらいものです。ペットは家族であり、数々の思い出と絆があります。だからこそ、大切な最後の時間を丁寧に過ごし、心を込めたお別れをしたいと思います。そのために、品川区でペットの葬儀や火葬を専門に扱う葬儀社を選ぶことには、さまざまなメリットがあります。

以下では、品川区で絶大に選ばれているペット専門の葬儀社を選ぶことのメリットについて詳しくご紹介いたします。

 

専門知識と経験を持ったスタッフの対応

ペットの葬儀や火葬は一般的な葬儀とは異なる要素があります。ペットの種類や大きさによって火葬方法が異なる場合や、飼い主の希望に合わせた葬送や供養方法が必要な場合があります。そのような場合には、専門知識と経験を持ったスタッフが対応する葬儀社を選ぶことが重要です。

品川区のペット専門の葬儀社では、大森ペット霊堂という「日本一動物に優しいペット霊園」と呼ばれている霊園があります。ここにはペットに関する知識と経験豊富なスタッフが在籍しています。そのため、ペットの種類や大きさに合わせ、その子によって適切な火葬方法や技術を執り行います。それだけでなく、飼い主の希望に柔軟に対応することもできます。

 

高品質な施設と設備の利用

品川区付近にあるペット専門の葬儀社では、高品質な施設と設備を利用することができます。例えば、品川区にも支店のある大森ペット霊堂。人間のグレードと同等の斎場や火葬炉、またはお参りにいつでもお越しいただくこともできる納骨堂が完備されており、ペットの最期の時間を大切に、心地よく過ごすことができます。施設内は清潔に保たれており、ペットと飼い主が安心して過ごすことができます。

さらに、飼い主がペットの最期を見送ることが難しい場合でも、お迎えや火葬を代行することも承っています。スタッフの動物への愛情が本物ですので、代わりを任せてもらえるだけの信頼を大森ペット霊堂は品川区の方々にいただいています。

 

配慮とサポートの充実

ペットの最期の時間は飼い主にとって非常につらいものです。だからこそペットの葬儀や火葬の際には、家族への配慮がとても重要です。品川区に支店のあるペット専門の葬儀社「大森ペット霊堂」は、動物を愛するスタッフだからこそ、飼い主の気持ちを尊重し、細やかな配慮とサポートを心がけております。

 

例えば、飼い主の希望やペットの個性に合わせた葬儀や供養の方法を提案するだけでなく、悲しみに暮れる飼い主に寄り添うことを大事にしています。また遺骨の管理や、納骨の方法についても丁寧に説明し、飼い主が安心して葬儀や火葬を頼むことができるよう、ペットファーストだけでなく、ご家族様ファーストどちらも心がけております。

 

以上のように、品川区でペットに専門の葬儀社を選ぶ時に、安心して葬儀や火葬ができる大森ペット霊堂が存在あります。専門知識と経験を持ったスタッフによる対応や、高品質な施設・火葬設備、さらにはスタッフが心から動物を大切にする気持ちを持っていること、大切なペットとの最期の時間をより良い形で過ごすことができます。ぜひ、品川区でペットに専門の葬儀社を選ぶのであれば、大森ペット霊堂に施設見学にお越しいだき、信用をしていただきたいです。

 

大森ペット霊堂公式HPはこちら

 

 

ペット葬儀の費用相場と主な設備・サービス

品川区でのペット葬儀の費用相場は、ペットの種類や体重によって異なります。以下は品川区周辺のペット火葬業者の一般的な料金表の例です。

 

ペットの種類と料金

 

合同火葬

他のペットさんと一緒に火葬をし、お骨をお墓に納骨するまで一貫してサポートいたします。

  • 小鳥・ハムスター・モモンガ・リスなど: ¥ 8,000
  • 兎・フェレット・モルモット・ハリネズミなど: ¥ 12,000
  • 猫・超小型犬(チワワ、ヨーキーなど): ¥ 14,000
  • 小型犬: ¥ 17,000
  • 中型犬: ¥ 23,000
  • 大型犬: ¥ 29,000
  • 特大犬: ¥ 39,000

 

個別一任火葬プラン(個別一任葬儀)

弊社スタッフが一任し、個別で火葬後の処理を行います。当日中にご返骨を致します。

  • 小鳥・ハムスター・モモンガ・リスなど: ¥ 15,000
  • 兎・フェレット・モルモット・ハリネズミなど: ¥ 18,000
  • 猫・超小型犬(チワワ、ヨーキーなど): ¥ 22,000
  • 小型犬: ¥ 24,000
  • 中型犬: ¥ 29,000
  • 大型犬: ¥ 38,000
  • 特大犬: ¥ 50,000

 

個別立会火葬プラン(お立会い葬儀)

火葬場で最後に扉が閉まるところまで立ち会っていただき、見送っていただくことができます。また、火葬終了後には、ペットさんのお骨を説明をさせていただき、家族の手によって、骨壺にお骨を納めていただきます。スタッフが立ち会いを専属でサポートし、ご自宅までのご送迎も対応しております。

  • 小鳥・ハムスター・モモンガ・リスなど: ¥ 30,000
  • 兎・フェレット・モルモット・ハリネズミなど: ¥ 35,000
  • 猫・超小型犬(チワワ、ヨーキーなど): ¥ 39,000
  • 小型犬: ¥ 44,000
  • 中型犬: ¥ 49,000
  • 大型犬: ¥ 55,000
  • 特大犬: ¥ 62,000

 

 

主な設備・サービス

送迎サービス

  • ペットをお迎えに伺うことや、火葬を終えたペットのお骨を自宅までお連れする送迎サービスがあります。
  • 直接施設をみて、安心をされたいご家族様もいらっしゃいますし、送迎に関しては、ご家族の希望に応じて対応することができます。

 

粉骨サービス(パウダー加工)

  • 遺骨を粉骨(パウダー)をすることができます。
  • 粉骨の方法に関しましては、ペット専門の粉骨機械を使用します。海洋散骨や思い出の場所に遺骨を散骨したいご家族様に選ばれます。詳細は、ペット霊園スタッフにご相談ください。

 

メモリアルグッズ

  • ペット専用の仏具を用意しております。その中でも、メモリアルカプセルには、常に一緒に持ち歩けるよう、一部の遺骨を入れることができる小さなカプセルです。

 

大森ペット霊堂は品川区の飼い主様に安心をして頼んでいただけるペット専門の火葬、葬儀業者です。

大切なペットを知らない人に預けるということはとても不安があると思います。大森ペット霊堂のスタッフは、動物を心から大切に思うスタッフですので、品川区のお住まいに家族様に長年、安心してお任せいただいております。

 

 

ペットとの思い出を形に残すアイデア

ペットと過ごした時間は、大切な思い出となります。ペットが亡くなった後も、その思い出を形に残すことは、飼い主としての最後のサービスです。 以下では、ペットとの思い出を形に残すアイデアをご紹介します。

 

写真や動画を整理しましょう

ペットとの思い出を形に残す一番の方法は、写真や動画を整理することです。思い出の写真をアルバムにまとめたり、デジタル保存することで、いつでも振り返ることができます。また、写真や動画の中から特に思い出深い場面や表情を選んで、印刷して飾ることもおすすめです。

 

手作りのメモリアルグッズを作りましょう

ペットとの思い出を形に残すために、手作りのメモリアルグッズを作ることもできます。例えば、ペットの毛や骨を使ってアクセサリーやオブジェを作ることができます。また、ペットの写真を使ってキーホルダーやマグカップなどを作ることもできます。自分で作ることで、より思い入れのあるアイテムになります。

 

ペットの名前や誕生日を使ったメモリアルアイテムを選びましょう

ペットの名前や誕生日を使ったメモリアルアイテムを選ぶこともできます。例えば、ペットの名前を刻んだお守りや、誕生日を記念したグッズを選ぶことができます。このようなアイテムは、ペットの存在を常に感じることができるため、特別な思い出を形に残すのにぴったりです。

 

ペットとの思い出を書き残しましょう

ペットとの思い出を書き残すことも大切です。ペットの特徴や好きなこと、一緒に過ごした時間などを思い出しながら書き残しましょう。手紙や日記のような形式で書くことで、ペットとの思い出を振り返ることができます。また、このような書き残しは、後から読み返すことで悲しみを和らげる効果もあります。

 

ペットの名前を使った寄付やボランティア活動を行いましょう

ペットが亡くなった後も、その存在を大切にする方法として、ペットの名前を使った寄付やボランティア活動を行うこともできます。例えば、動物保護団体への寄付や、動物病院でのボランティア活動などがあります。このような活動を通じて、他の動物たちにも幸せな命を送るお手伝いをすることができます。

 

以上が、ペットとの思い出を形に残すアイデアです。品川区お住まいの家族に選ばれる大森ペット霊堂は、このような形としても、記憶にも残る活動をしております。大切なペットとの思い出をずっと心に残すことを思っていただきたいです。ペットとの別れは辛いものですが、思い出を大切にしていくことで、いつまでも心に残る存在として大切に思い出していただきたいです。

 

 

まとめ

ペットの最期の時間は、飼い主にとって非常につらい経験ですが、心を込めて最後のお別れをすることが重要です。この記事では、ペットとの最期の時間の過ごし方、葬儀の方法、費用、メモリアルアイテムの作成など、ペットと別れる際の様々な情報をご紹介しました。品川区で大切なペットを見送る際は、専門知識を持ち、品川区在住の方に選ばれるペット葬儀社「大森ペット霊堂」に頼ってみてください。また、思い出に残る方法として、写真やメモリアルグッズの作成、寄付やボランティア活動など、ペットとの絆を永遠に残す方法が紹介されています。大森ペット霊堂はペットとの最期の時間を大切に過ごし、心に残る思い出を作ることで、飼い主の悲しみを和らげることができるでしょう。

 

よくある質問

 

ペットの遺体を自宅で保管する方法は?

ペットの遺体は、ダンボール箱やタオル、毛布などを使って適切に包み、低温に保つことが大切です。また、ペットと一緒に火葬に入れられるお気持ちの品も準備しましょう。遺体の安置方法やペットとの最後のお別れの際に必要なアイテムについて、専門業者に相談するのが良いでしょう。

 

品川区でペットの火葬は自宅で行えますか?

品川区のペットの火葬は、専門の葬儀社で行うことが一般的です。自宅での火葬は安全面や環境面、そして近隣トラブルにより警察を呼ばれることもあるため、おすすめできません。ペット葬儀専門業者に依頼することで、適切な設備と知識を持った人が丁寧に対応してもらうことが大切です。

 

品川区で依頼すると、ペット葬儀の費用はどのくらいですか?

ペットの種類や体重によって費用は異なりますが、品川区付近のペット火葬業者の費用を比べると、合同火葬では、小鳥やハムスターなどの小動物で8,000円前後、猫や超小型犬で14,000円前後、中型犬で23,000円前後、大型犬で29,000円前後となっています。葬儀社によってプランや料金が異なるため、事前に確認することをおすすめします。

 

ペットの思い出を形に残す方法は?

ペットの写真や動画を整理・保管したり、毛やアクセサリーを使った手作りのグッズを作ることで、思い出を形に残すことができます。また、ペットの名前を使った寄付やボランティア活動を行うのも良い方法です。大切な思い出を形に残し、心に留めておくことが大切です。

そのような取り組みは品川区にも支店をもつ大森ペット霊堂で行うことができます。

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ

関連記事

24時間365日受付・年中無休・ご相談無料