BLOG

ブログ

フェネックの火葬について

2019年6月16日

皆さんはフェネックという動物はご存知でしょうか?

 

大きな耳が特徴でキツネの仲間です。

 

 

 

 

 

大森ペット霊堂では多くのフェネックの火葬を任せていただいております。フェネックは猫のお骨に近く、しっかりとしたお骨ですので、綺麗に残ることができます。

 

 

フェネックの特徴1

 

先ほど、猫のお骨に似ていると記載しましたが、フェネックは犬の仲間で最小サイズになります。

 

三角の大きな耳と大きな目、ふさふさな尻尾が大きな特徴です。

 

犬や猫などの動物は足の肉球部分には、毛が生えていませんが、

 

フェネックは肉球にも毛が生えています。

 

 

 

 

 

これはフェネックが灼熱の砂漠で暮らしているからです。

 

熱い砂の上を歩くために、肉球にも毛が生えているのです。

 

犬や猫のぷにぷにな肉球も癒されますが、モフモフの肉球も可愛らしいですね。

 

フェネックの飼育下での平均寿命は10歳~12歳ほどです。

 

ですが正しい飼育ができればもっと長生きしてくれるかと思います。

 

性格は、猫と犬を足して2で割った性格だと言われています。

 

基本的には臆病で警戒心が強いです。

 

触られることを嫌がり、噛みつくこともあるので注意が必要です。

 

人に全くなつかない子もいれば、犬のようによくなつく子もいます。

 

 

 

 

 

日本ではマイナーなペットですが、その可愛らしい見た目から近年とても人気が高くなっています。

魅力もたくさんありますが、安易に飼えるペットではありません。

 

どのペットにも当てはまることですが、ペットを飼うとなったら、

 

十分にその動物の知識を得てからにしましょう。

 

「思っていたのと違う」 などの理由でペットの飼育を放棄することも多くあり、最後まで看取ることをせず、捨ててしまうことがあります。

 

 

その為、飼育している方は多くとも、最後の葬儀、火葬までされないケースが多く見受けられます。

 

 

 

 

 

フェネックの特徴2

 

フェネックは夜行性なので、基本的に夜が活動時間です。

 

野生では砂漠で暮らしているので、砂を掘ることが好きです。

 

なのでよく砂堀動作をして、ケージや部屋を傷つけてしまう恐れもあります。

 

鳴き声は甲高く、集合住宅などでは近所迷惑になってしまい、飼育する環境は都内だと難しいと言われています。

 

ただ、犬と同様、フェネックもしつけをすればしっかりと飼える動物です。飼っておしまいではなく、生涯面倒を見る覚悟で家族に迎えましょう。

 

 

 

 

フェネックも生きていく以上、人間と同じように体調を崩す時もあります。

 

フェネックを診てくれる動物病院は決して多くありません。

 

飼う前に必ず、動物病院を探しておきましょう。

 

他にもフェネックを飼うには様々な問題がありますが、しっかりとフェネックを理解し、

 

尊重できれば、素敵なパートナーになってくれると思います。

 

 

 

 

フェネックが亡くなったら火葬をする

 

 

大切な家族である、フェネックが亡くなったらどうしたらいいのでしょうか?

 

まずは正しい方法で安置をしてあげましょう。

 

しっかりと安置ができれば、ご自宅で2~3日程なら、ゆっくりとお別れができます。

 

まずフェネックが入るサイズの箱、もしくはよく使っていたキャリーを用意しましょう。

 

箱やキャリーにバスタオルやペットシートを敷いて身体を寝かせます

ご自宅に保冷剤がありましたら、お腹を重点的に冷やしてあげてください。

もし保冷剤がなければ、空のペットボトルに水を入れ、

凍らせた物を保冷剤の代わりとして利用できます。もしくはスーパーやコンビニでロックアイスが売っているので、そちらでも大丈夫です。

 

保冷剤や氷がとけたら、新しいものに取り換えてください。

 

詳しいフェネックの安置方法のページのリンクを下記に添付します。

 

 

フェネックの火葬前の安置方法はコチラをクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

フェネックの火葬について

火葬するとなった時、いくつかのペット霊園に問い合わせてみましょう。

 

ペット霊園によって、料金も様々です。

また飼い主さん自身と霊園との相性もあると思います。電話でスタッフと話し合うことはとても大事なことです。

フェネックの葬儀の種類も飼い主さんが納得できるものを選んでください。

 

大森ペット霊堂では大きく分けて2種類の葬儀があります。

 

 

手元にフェネックの骨を残さない合同火葬

合同火葬は他のペットと一緒に火葬をしますので、個別でお骨を残すことができないプランです。

初めから、お骨は土に還してあげたいなどのお気持ちがある方にお選びいただいております。

 

手元にフェネックの骨を残す、個別火葬

コチラはフェネックを単独で火葬します。その為、しっかりと個別でお骨を残すことができますので、骨壺に収めることができます。

 

どちらを選んでいただいても、後悔が残らぬよう心を込めて、

 

お別れのお手伝いをさせていただきます。

 

 

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

犬や猫の葬儀や火葬を東京で行う大森ペット霊堂
東京都大田区大森東2−1−1
℡0120-176-594

大森ペット霊堂のホームページはコチラ

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。