24時間受付 年中無休

0120-176-594
お問い合わせ
MENU

ブログ

Blog ― ブログ ―

2019.08.30
  • コラム

野良犬や野良猫の死に直面したときのペット葬儀・ペット火葬

あなたの周りでもどのおうちにも飼われず、自由気ままに過ごしているワンちゃん(あるいは猫ちゃん)を一度は見たことがあるのではないでしょうか。
野良犬や野良猫たちが交通事故によって亡くなってしまったり、駐車場や公園などで息を引き取っていたりした場合、どう対応すべきか分からないですよね。
野良犬や野良猫たちに飼い主はいませんが、自治体で対処してもらうほかに「ボランティア葬」というものがあります。大森ペット霊堂でも「ボランティア葬」に対応しています。もし今後、野良犬や野良猫たちと遭遇したときの対処法についてまとめました。

    目次

  1. 1.野良動物かな?と思ったら確認したいポイント
  2. 1-1.周囲に飼い主はいるか
  3. 1-2.野良猫の耳にカットはあるか
  4. 1-3.異変があったら、自治体へ
  5. 2.野良犬や野良猫の死に遭遇した場合
  6. 2-1.ペット葬儀業者へ電話
  7. 2-2.ペット葬儀業者へ連れて行く
  8. 2-3.ボランティア火葬
  9. 2-4.火葬後の供養
  10. 3.野良動物も大切な命

野良動物かな?と思ったら確認したいポイント


野良動物を見かけた際には次の3つを確認しましょう。

1.周囲に飼い主はいるか

野良動物に遭遇した際には、首輪の有無や周囲に飼い主がいるかどうか確認しましょう。もし飼い主がいる場合には、首輪に記載されている住所や連絡先を見て、どこで見つけたのかなど状況を伝えましょう。

2.野良猫の耳にカットはあるか

自由気ままに生きる野良猫の場合、耳に一文字やV字のマークがある時があります。TNR活動(捕獲すること(Trap)、不妊手術(Neuter)、猫を元の場所に戻す(Return))によって、これ以上繁殖をしない「地域猫」であると一目でわかります。

3.異変があったら、自治体へ

野良動物の場合、予防接種等をせずに過ごしてしまうこともあり、それが原因で感染症にかかりやすいです。野良動物を見かけたときに、少しでも異変があったら各自治体へ連絡しましょう。

野良犬や野良猫の死に遭遇した場合


野良犬や野良猫のボランティア葬は、どのペット葬儀業者でも行なっているわけではありません。見かけた際には電話にて確認するといいでしょう。

ペット葬儀業者へ電話

野良犬や野良猫のボランティア葬を行なっているペット葬儀業者へ電話し、野良犬(あるいは野良猫)の状況を伝えて指示を仰ぎましょう。息がまだある場合には、近くの動物病院へ連れて行きます。野良犬や野良猫の場合、ボランティアで見てくれる動物病院もあるので、近くの病院で対応しているか問い合わせしてみるといいでしょう。
もし残念ながら息を引き取っていた場合、ペット葬儀業者へボランティア葬を依頼することで供養ができます。

ペット葬儀業者へ連れて行く

大森ペット霊堂では、原則として直接大森ペット霊堂へお持ち込みをお願いしております。お電話にてご依頼があった際には、火葬にて手厚く供養いたします。

ボランティア火葬

野良犬や野良猫の火葬は、無償で火葬を行なっています。野良犬や野良猫たちのボランティア葬は、みなさんのご協力があるからこそ成り立つ葬儀となります。この世に生を受けた動物たちが等しく、安らかに旅立てるよう私たちは責任を持って取り組んでいます。

火葬後の供養

ボランティア火葬の後、お骨はペット霊堂内にある合同供養塔へと納骨します。他のペットたちも合同供養塔へ納骨し、手厚く供養させていただきます。

野良動物も大切な命


私たちは、心から動物たちを考え、ご家族に寄り添った弔いをモットーに活動しております。ペット葬儀業者の中には、残念なことにビジネスとして、弔いを作業として扱っている方もいます。動物たちを思うからこそ、私たち大森ペット霊堂はこれまで多くの方に支えられボランティア葬ができました。スタッフも訪れた動物たちを家族同然に接するからこそ、真摯に受け止め、手厚く供養に臨めます。野良動物も大切な命。私たちはこれからも動物たちに何ができるか、精進してまいります。

また、私たち大森ペット霊堂ではボランティア葬儀以外にも動物の保護や里親探し、殺処分ゼロ運動、学校教育の道徳の授業などに取り組んでおります。みなさんの暖かいご支援を今後ともよろしくお願いいたします。