BLOG

ブログ

家庭で飼育できる珍しいペット達!!!

2017年12月20日

こんにちは!大森ペット霊堂のスタッフの江川です!

 

本日は、自宅へ招き入れることが法律上できる?!動物達をご紹介したいと思います。

 

 

ナマケモノ

 

動物園などで目にするナマケモノですが、一般家庭で飼うことが出来ます!

ナマケモノはアフリカの密林地帯に生息している哺乳類です。

一日15~20時間ほど木につかまり寝ていてい週間に一度くらいしか排泄排便をしません!

縦100センチ横100センチのゲージで飼育可能だそうです!ただし30度の室温に60%の湿気が必要です。

ナマケモノは湿気が足りないと毛並みが悪くなり色が変色し、ストレスで衰弱します、、、

自分自身で体温管理ができないのが原因です。

体長は6、70センチほどで寿命は30~40年生きます

ご飯は小松菜、ホウレンソウ、キャベツ、ニンジン、バナナ、リンゴなどの果物などを好んで食べます。しかしほとんど木につかまって動かないのでゴハンもあまり食べません。(>O<)

 

まさかこんなに手間がかからないことに驚きです(笑)

あとは室温管理が大変そうですね。ご飯あげる度に触れると慣れていくそうです!

 

 

ミーアキャット

 

 

足を上げて後足と尾で立ち上がりキョロキョロとあたりを見まわす姿が有名なミーアキャットですが、

この愛嬌たっぷりの仕草は日光浴や、外敵を監視しているときのポーズ。
生息地である砂漠は夜の気温が下がるため、日中は太陽に向かって立ち上がり日光浴をしているのです。
日中にエサを探すミーアキャットは、コブラや鷹などの天敵から身を守るため、仲間同士で見張り役を決めて行動している。敵に気づいたときは鳴き声で知らせてコミュニケーションをとる哺乳類です

体長25~35センチで体重600~800gほどあり、寿命は15年~20年です!

ゲージはフェレット用のゲージが一番良いそうです(縦60×横50×高さ60)

穴を掘る習性から床材とは別に潜れるほどの干し草、またはトンネル状のものをケージ内に設置。 トイレのしつけについては、その個体が気に入ったトイレの場所ができるため、そこをトイレの場所にしてあげるのが1番よい。

室温は28度ぐらいにしてあげるのが良い。

ご飯は青菜、リンゴ、バナナ、サツマイモ、などを好んで食べます。

ミーアキャットは慣れるまで時間がかかります。野生の血が強いので犬猫のようにすぐ懐いてはくれません。

しかし時間をかけて懐かせればリードをつけて一緒に散歩できます。

ちなみにキリンも都道府県の許可を得て飼育できる環境があって知事の許可が降りれば一般家庭での飼育は可能です。(笑)

現実的ではない話ですが、、、

 

お読みいただきありがとうございます

以上です!!

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。