BLOG

ブログ

ペットの葬儀にかかる時間はどのくらい?

2020年12月24日

忙しい日々に癒しをくれていたペットがなくなってしまう。

悲しみも絶えない中、息を引き取ったペットを放置するわけにはいきません。

でも、いつもの日常が止まる訳ではなく、相変わらず忙しい日々は待っています。

 

でも「ちゃんとお別れをして眠らせてあげたい。」

そう思うのが飼い主として最後にしてあげられることです。

しっかり時間を取るために最低限必要な時間はどのくらいなんでしょうか。

 

 

葬儀にかかる時間は?

基本的な葬儀にかかる時間は1時間前後と言われています。

 

でも実際ペットの葬儀にかかる時間はまちまちなんです。

それはペットの大きさや種類によって変わるので一概に「葬儀にかかる時間は1時間です」とは言えないからです。

 

例えば25kg体重があるペットになると2時間から3時間ほど火葬に時間がかかってしまうケースがあります。

でも3kg体重のペットであれば30分から1時間ほどで火葬は終わります。

 

あなたのペットの体重はどのくらいありますか?

大体このくらいの時間が火葬にかかるということを知っておきましょう。

もちろん依頼する業者さんによっても変わってきます。依頼する業者さんへ問い合わせをするのもおすすめです。

 

 

葬儀1時間の中には何が行われるの?

先ほどお伝えした葬儀にかかる1時間はあくまでも目安だということを覚えておきましょう。

 

葬儀の一連の流れには

  • ・移動時間
  • ・仏教の方であればお経が読まれる時間
  • ・お別れを伝える葬儀の時間
  • ・骨上げ、納骨
  • が行われます。

1時間という時間の中には上記の項目は含まれていないんです。

 

ではほんとにかかる時間はどのくらいなんでしょうか?

 

実際、人間のお葬式でも1時間で終わるものはほとんどありません。

半日以上かかってしまいます。

それは、火葬して終わりという訳ではないからですよね。

 

それと同様にペットも最低半日の時間が必要になるケースがほとんどです。

亡くなったペットを処理する時間、斎場に行く時間、式の時間、火葬の時間、納骨の時間など全てを含めた時間です。

 

そして季節によって時間が変動するものがあります。

それは骨上げや納骨です。

夏場は気温も高くて、お骨が冷めるまでの時間が冬場よりも長くかかってしまいます。

 

些細なことかもしれませんが、”塵も積もれば山となる”と言われるほど、”少し長引いてしまった時間”が積み重なって葬儀にかなりの時間がかかってしまうということはよくあることです。

 

なので、葬儀の時間は1日開けておきましょう。時間的にも心や体にも余裕が出ます。

悲しみに潰れないためにもできることから負担を軽減しましょう。

 

 

自分たちで準備することがあるのか?

もちろん自分たちで準備することはあります。

それは、火葬する前の死後の処置です。

人間は24時間以内は火葬できませんが、ペットにはその決まりがありません。

だからすぐに火葬はできます。

 

とは言うものの、ペットが亡くなってからすぐ火葬できる訳ではないと思います。

そのために、死後の処置は自分たちでしなければいけません。

どう処置したら良いかをここで簡単にお伝えします。参考にしてみてください。

 

1.ガーゼやティッシュできれいに拭き取ります。

温かいお湯で湿らせると汚れも落としやすくなります。

ブラシで整えてあげるのも毛並みが整います。

体液などが出てくるので吸収させるために綿を詰めておきましょう。

そうすれば拭き取る手間も少し省けます。

 

2.手足、尻尾を整えます。

死後硬直は2~3時間で起こり始めます。それに備えて手足、尻尾を内側へ、自然な体制に整えてあげましょう。

死後硬直が起きてしまってからでは体制を整えることは難しくなります。

できるだけ早めに行ないましょう。

 

3,棺を用意する

ペットの遺体を入れるものを用意しましょう。

遺体は柔らかめの布を敷いてから入れるのがいいと思います。

この中にペットのお気に入りだったものを一緒に入れることもできます。

 

4.ドライアイスや保冷剤を準備します。

遺体が腐敗してしまわないように、ドライアイスや保冷剤を入れます。

遺体の下に敷いた布の間に挟むといいです。

そしてペットのお腹や頭を中心に冷やすことで腐敗を防げます。

 

5.室内の温度は18度以下にしましょう。

夏場は時に暑いので腐敗が早くなります。

部屋の温度設定はしっかり18度以下にしておきましょう。

冬は暖房は付けないように気をつけてください。

 

上記5つの処置をすれば、あとは葬儀業者へ引き渡せます。

葬儀への準備は整いました。

 

「今までありがとう」と気持ちを込めて処置してあげましょう。

そうすれば、あなたも後悔なくペットとお別れできますよ。

 

 

まとめ

  • ・葬儀は全て含めて30分で終われば、全て含め半日ほどかかる時もあります。
  • ・ペットの大きさや季節によっても時間は変動します。
  • ・ペットの死後の処置をします。

 

私たち大森ペット霊堂は、お客様のご希望に添えるよう全力で向き合っています。

お気軽にお問い合わせいただければ、丁寧に対応させていただきます。

 

ペットの葬儀施設はたくさんありますから、時間に余裕がある時には色々見て自分にあった葬儀業者を選んでください。

あなたにとっても、あなたのペットにとっても良い時間になりますように。

ご機会があってお会いできることを楽しみにしています。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。