1. TOP
  2. BLOG
  3. ペットが亡くなったら贈る言葉は?後悔ないペットライフを送るために

BLOG

ブログ

ペットが亡くなったら贈る言葉は?後悔ないペットライフを送るために

2021年1月30日

家族として楽しい時間を過ごしたペットの子が亡くなるのは、辛く悲しいことですよね。ペットの子が亡くなった場合、あなたはどんな言葉をかけてあげますか?

 

ペットの子を亡くした方にかける言葉にも注意が必要です。しっかりと感謝の言葉を伝えることで最期まで後悔のないペットライフを送ることに繋がります。思いを込めて送ってあげればペットロスを軽減することもできるのです。

 

今まで一緒に過ごしてくれたペットの子に感謝の気持ちをしっかり言葉で伝えて、胸を張って送り出してあげましょう。

 

 

ペットが亡くなったらどんな言葉をかけてあげるべき?

亡くなったペットの子やペットを亡くした人には、まず安心する言葉をかけてあげたいですよね。どのような言葉をかけるのがいいのでしょうか。

 

ペットにかける言葉

亡くなったペットの子に伝えるべき気持ちは「感謝」です。今までたくさんの思い出や癒しをくれたペットの子を労い感謝の気持ちを伝えるのが良いでしょう。具体的な言葉としては、「ありがとう」「ご苦労様」です。

 

もちろん、ペットの子を愛していた気持ちも伝えてあげましょう。きっとペットの子も喜ぶことでしょう。

 

病気や怪我で亡くなってしまった場合は「よく頑張ったね」「お疲れ様」と声をかけてあげましょう。今まで辛かったことや闘病を頑張ったことを労ってあげる言葉が最適といえます。

 

ペットを亡くした人にかける言葉

ペットの子を亡くしてしまうと、深い悲しみに暮れてしまいペットロスになってしまう方もいらっしゃいます。ペットを亡くした方へは、悲しみへの共感と死を偲ぶ言葉をかけてあげましょう。

 

まずは「大変だったね。打ち明けてくれてありがとう」と伝えましょう。もし、ペットの子の思い出を語ってくれたなら、相槌を打ちながら聞いてあげると良いですよ。「たくさん楽しい思い出があったんだね」などと、共感の言葉をかけてあげるのも相手の気持ちが落ち着きます。

 

「たかがペットでしょ」「また新しい子を飼えばいいでしょ」などとは決して言わないでください。ペットを飼っている方にとっては、ペットの子は大切な家族の一員です。深い悲しみに寄り添ってあげましょう。あなたの言葉にきっと救われることでしょう。

 

 

後悔ないペットライフのためにやっておくこと

ペットが亡くなると「あのときもっとこうすれば良かった」などと後悔することがあります。後悔はペットロスにも繋がっていきますので、ペットの子が元気なうちからしっかりと先を見据えてペットライフを送っていくことが大切です。

 

写真をいっぱい撮っておく

大切なペットの子とのペットライフを楽しむために、写真をいっぱい撮っておくことをおすすめします。ペットの子だけの写真やご家族様と一緒の写真など、思い出を目に見える形で残してあげましょう。

 

家の中や近所の散歩などの日常生活やおでかけをしたときの写真も撮っておくといいですね。葬儀のときに祭壇に飾って彩る方もいらっしゃいます。ペットの子が天国で寂しくないように棺にたくさんの写真を入れてあげることも可能です。

 

また、ペットの子の写真をたくさん撮っておくと、後で見返すきっかけになります。ペットの子が亡くなった後、飼い主様は「もっと楽しく過ごせたのではないか」など、後悔をされることがあります。写真がいっぱいあると、「生きているときにこれだけやってあげられた」「楽しい思い出がたくさんあった」と思い出すきっかけになります。

 

もしものときに備えておく

ペットの子が亡くなったときのために、備えておくのも後悔しないペットライフに繋がります。もしものときに本当に信頼できるホームドクターを探しておきましょう。選ぶポイントがいくつかあります。

 

  • 飼い主様と相性が合うこと
  • ご自宅から近いこと
  • 治療法や費用の説明をしてくれるところ
  • 介護を含めた幅広い知識があること
  • 専門病院とのネットワークがあるところ

 

安心してペットの子を任せられるところが良いですよね。もしものことがあったときに信頼できない病院だと一生後悔する可能性もあります。そうならないように納得できるホームドクターを探しておきましょう。

 

供養スタイルを決めておく

最近では、ペットの子の終活を行う方が増えています。ペットの子の死を考えるだけで辛いという方もいらっしゃいます。しかし、最後までペットの子をしっかりと送り出せる方法や手段を知っておくと、もしものときにも慌てずに済みます。

 

ペット霊園では、生前相談も行っています。火葬や葬儀プランを相談できたり、実際に納骨堂などの施設を見学したりすることができます。ご家族様が納得できる葬儀内容を決め、安心できるペット霊園選びができます。

 

生前相談をすることで、葬儀の費用の把握もできますよ。直接相談する他、メールや電話でも生前相談が飼い主様に合わせた相談方法が可能です。

 

 

最期まで後悔のないペットライフを

ペットの子が亡くなるのはとても悲しいことですよね。ペットの子が亡くなってしまったら、「お疲れ様」「ありがとう」などと後悔のないようにしっかり感謝や労いを言葉でかけてあげましょう。

 

ペットの子が亡くなった場合に後悔しないために、もしものときに備えることも大切です。写真をたくさん撮って思い出を残しておきましょう。ペットの子の死を最後まで彩るために、元気なうちからペット葬儀や供養方法を考えておくと最期まで飼い主様もペットの子も後悔のないペットライフを送れますよ。

 

大森ペット霊堂は365日、大切な家族であるペットのお見送りのお手伝いをしているペット霊園です。10組の家族がいたら10通りのお見送り方法があります。大森ペット霊堂では生前から見学にお越しになりペット霊園をお決めになる終活をする方が多くいらっしゃいます。

 

一生に一度きりのペットとのお別れを悔いの残るものにはしたくないですよね。ペットの終活でお手伝いをできることがあればお気軽にご相談ください。

 

🐶もっとペット終活について知りたい方はこちら→ペットの終活の記事

🐶ペットの終活について相談したい方はこちら→大森ペット霊堂HP

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ