1. TOP
  2. BLOG
  3. 犬の葬儀の時間は?かかる時間や時間をかけない手厚い供養方法とは

BLOG

ブログ

犬の葬儀の時間は?かかる時間や時間をかけない手厚い供養方法とは

2021年3月19日

ペットとしてメジャーな犬は、多くの飼い主様が亡くなったあとに火葬を行い、手厚い供養をされている方が多いかと思います。

 

また、手厚い供養をしたい場合には、ただ火葬を行うだけではなく、火葬の前に犬の葬儀も一緒に行われています。

 

しっかり供養をしてあげたいけれど、時間がどのぐらいかかるのかも気にところですよね。この記事では、犬の葬儀にかかる時間や、時間をかけない手厚い供養方法についても紹介していきます。

 

犬の葬儀の流れって?

ペットは近年、火葬を行うだけではなく人間の葬儀さながらの手厚い葬儀を行うことができます。ここでは、その流れを順に沿って紹介いたします。

 

葬儀場へ向かう

犬の葬儀を行うには、葬儀を行う葬儀場へ実際に向かう必要があります。飼い主様やそのご家族様自身で向かう方もいらっしゃれば、送迎プランがある葬儀場もありますので、迎えに来てもらって葬儀場に向かう飼い主様もいらっしゃいます。

 

また、最近では葬儀場まで一緒に行くことができない方のために、「オンライン葬儀」というオンラインで犬の葬儀に参列ができるプランのあるペット霊園もあります。

 

お焼香・読経

葬儀場に着いたら、葬儀を執り行います。その際には、読経を読み、飼い主様にお焼香をあげてもらいます。

 

また、飼い主様によって宗教宗派がある場合には、

 

  • ・「仏式」なら住職さん
  • ・「キリスト式」なら神父・牧師さん

 

をお呼びし、希望の宗派で依頼できるプランがある場合もあります。飼い主様に合わせた選べるプランがあり、人間の葬儀のような手厚い犬の葬儀ができます。

 

お別れ

犬の葬儀が終わると、最後のお別れの時間です。後悔のないようにお別れの言葉や感謝の気持ちを伝えてあげましょう。

 

また、ペット霊園によっては「末期の水」というお別れの儀式を行う場合もあります。末期の水は、別名「死に水」といわれています。

 

ペットは四十九日をかけて天国へ旅立ちますが、その旅路はとても長く、喉が渇いてしまいます。そのため喉が渇かぬように、ご家族の皆様で最後にペットにたくさんのお水を飲ませてあげます。そうすることで、安心して天国へと旅立つことができます。

 

犬の葬儀の時間について

ペットの葬儀の時間は大体の場合、葬儀場にもよりますが30分~1時間ぐらいのことが多いです。特に、ご焼香は参列者が多いほど時間がかかります。

 

犬の葬儀の時間は葬儀場によって違う場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

 

また、犬の葬儀が終わればその後は火葬を行います。立ち合い葬儀を選択されている場合は、葬儀の時間に加えて、火葬・骨上げの時間もみておきましょう。

 

犬の火葬の時間はペットの大きさによってもかわります。

 

  • ・小型犬:~1時間
  • ・中型犬:~1時間半
  • ・大型犬:~2時間
  • ・超大型犬:~3時間

 

「葬儀時間(お別れの時間含む)+火葬時間+骨上げの時間」と想定しておきましょう。また、その後ペット霊堂等でそのまま納骨を行う場合には、そこにまたプラスで時間がかかります。

 

さらに、ご自宅から葬儀場までの行き来の時間ももちろんありますので、立ち合い葬儀の行う場合は、時間に余裕を持っておいた方がいいでしょう。

 

犬の葬儀に時間をかけれない場合はどうする?

大切なペットに手厚い供養をしてあげたいと思う反面、忙しくて時間をとることができない方もいらっしゃいます。ですが、時間がなくても手厚い供養を行うこともできます。

 

まずは希望の火葬業者に連絡する

時間がない場合、葬儀場選びはどうしても「時間」優先の探し方になってしまいます。しかし、時間ばかり優先するといざ犬の葬儀・火葬を依頼したあとに、「もっとちゃんと供養してあげたかった」と、後悔する可能性もあります。

 

家族のような大切なペットの最後の時間を、時間だけで決めてしまうのはとてもリスクが高いです。葬儀場によっては、24時間いつでも電話で相談ができます。まずは、時間を縛られず気になる葬儀場に相談してみましょう。

 

相談すれば、最適な犬の葬儀方法・時間を提案してもらえるので、忙しい時間の合間に葬儀を行える方法が見付かるかもしれませんよ。

 

忙しくても手厚く供養できる一任個別火葬がおすすめ

実際に犬の葬儀・火葬をお願いしたい葬儀場が見つかっても、やはり忙しくて葬儀場には行けない、という場合もあります。

 

その際には、スタッフさんに代行してもらえる「一任個別火葬」がおすすめです。実際にその場に立ち会うことはできませんが、葬儀・火葬・骨上げまで一連してスタッフさんが代理で行ってもらえます。

 

また、一任個別火葬は個別での供養方法なので、火葬が終われば遺骨を受け取れます。今は忙しくても、一旦火葬後に遺骨を受け取って手元供養し、時間があるときに納骨方法をじっくり考えることもできますよ。

 

まとめ

家族の一員だった大切なペットの供養は、手厚く行ってあげたいと思われる方が多くいらっしゃいます。現在では、犬の葬儀も多様化し、ペットと飼い主様に合わせた、ぴったりな供養方法を選ぶことが可能です。

 

特に葬儀に関しては、人間の葬儀さながらに読経・ご焼香を行うことができたり、お別れの時間には、末期の水のお別れの儀式も行えたりするのが大森ペット霊堂です。

 

大森ペット霊堂のペット葬儀は、さまざまな対応ができ、遠方でなかなかペットの犬の葬儀に参列できない方は、オンラインでの参列もできる場合もあるので、時間がなかなかとれない方でもしっかり手厚い供養を行えます。ご家族でしっかり話し合い、ペットと飼い主様に最適な供養を行ってあげたいですね。

 

 

大森ペット霊堂の公式HPはこちら

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ