24時間受付 年中無休

0120-176-594
お問い合わせ
MENU

ブログ

Blog ― ブログ ―

2018.02.24
  • スタッフブログ

小さな命にも手厚いペット葬儀を

 

 

 

こんにちは。

笹本です。

 

 

 

 

私が以前担当させていただいたご葬儀で、

 

オカメインコのご葬儀をさせて頂きました。

 

 

そのインコちゃんのご家族の方は、

三人でいらしていました。

 

ティッシュの箱にタオルを敷いて、

周りにはたくさんのかわいいお花と

口元にごはん。

 

それを見ただけでも、

とても愛されていることが伝わりました。

 

ご葬儀が始まり、お線香を順番にあげるときには、

全員がインコちゃんの頭を撫でてから

あげていました。

 

最後のお別れの時も、

順番にインコちゃんを抱いて、

撫でてあげていました。

 

私の学校でもオカメインコを飼っていたので、

少しお話をさせて頂きました。

 

その子はとても撫でられるのが好きな子だったそうです。

 

だからずっと撫でてあげていたのだと思い。

 

飼い主様家族のインコちゃんへの

想いの強さに涙が出そうになりました。

 

私の知っているオカメインコのキミちゃんは

たまに撫でてー

 

としてきますが、

なかなか人に懐かない子でした。

 

私は頭によく乗られていましたが、

くちばしで突かれることもよくありました。

 

今回お話させていただいた

インコちゃんは、とっても可愛がられて、

撫でられるのが大好きになったのだろうと思います。

 

 

ティッシュの箱に入るほどの

小さいからだですが、

そのからだの何倍もの愛情をもらって、

また人にも愛情を渡して、

生涯を終えていったのでしょう。

 

 

犬猫のご葬儀が多い中でも、

さまざまな種類の動物のご葬儀も行います。

 

本日も、ハリネズミやレオパードゲッコウ、インコの

ご葬儀が行われました。

 

ペット葬儀

とはいっても、ペットとはどこまでいうのか、

ペットと呼ぶべきなのかもわかりません。

 

伴侶動物や愛玩動物といった言葉も

ありますが、飼い主様にとっては

やっぱり

”家族”

という言葉がしっくりくるかな

と私は思います。

 

自分が一緒に暮らしている

花と梅丸も最後まで愛情をたっぷり注いで

あげれたらと思います。

 

うちの子達だけでなく、

どんな動物でも、

 

最後まで幸せであってほしいですね。