1. TOP
  2. BLOG
  3. ペットの火葬ってどこでできる?東京都内では2種類から選べます

BLOG

ブログ

ペットの火葬ってどこでできる?東京都内では2種類から選べます

2021年7月24日

愛するペットが亡くなり、火葬の手配を考えたとき東京都ではどこで行えるんだろうと疑問に思う方もいるかもしれません。ペット霊園?寺?初めての方だと、その場所やどんな風に行われているのか想像もつかないでしょう。

 

そんな方へ、ペット火葬場の種類、東京都ではどのように行っているかをご紹介します。ペットの火葬は民間施設、移動火葬車で行うことができ、飼い主の都合やペットをどう見送りたいかで決めることができますよ。

 

火葬の具体的内容は、個別で火葬するか、他のペットたちと火葬するかの2択です。火葬後の納骨、供養についても簡単に触れていきます。

 

ペット火葬を東京都で行うには民間ペット火葬施設・移動火葬車で

ペットの火葬を行う業者は東京都内に約50社あります。その内訳はペット霊園が約30社、移動火葬車が約20社です。自治体の清掃事業者という選択もあり、ペットの遺体の引き取りと火葬をしてもらえます。

 

清掃事業所は遺体を引き取ってくれる

自治体ではペットが亡くなった後、遺体の引き取りと火葬、納骨を行っています。体重25㎏未満の犬や猫、小動物であればどこの自治体も約3,000円で引き取ってくれます。しかしペット火葬を行う公営施設は東京都に現在ないため、民間の霊園へ委託するという形です。

 

低コストでペットの遺体をお願いできますが、遺骨は戻ってこないで他のペットたちと一緒に墓地へと納骨されるため、しばらくペットと一緒に過ごしたい方や自宅供養したい方には向いていないでしょう。民間施設や移動火葬車に直接お願いするのをおすすめします。

 

民間ペット火葬施設は設備や内容が充実

民間のペット霊園では、ペットの引き取りから火葬、お届け、納骨、供養までを行っています。家族も施設を訪れ、火葬前の別れの儀式や葬儀を行うことが可能です。その際、棺桶やお花などにこだわることができ手厚く見送ることができます。

 

時間の取れない方は送迎サービスを利用すれば、自らが施設を訪れなくても、葬儀スタッフが火葬と骨壺を届けてくれます。その後は自宅で供養か、霊園の納骨堂や墓地への納骨かを選ぶことができます。

 

移動火葬車は深夜・早朝にも対応可

移動火葬車は自宅まで来てくれて車の中で火葬を行います。火葬前に別れの時間も取ることができ、終わった後は骨壺を受け取れます。24時間対応している業者も多いため、早朝や夜にお願いができ、時間のとれない方にとっては大変ありがたいでしょう。

 

ただ、自宅供養でない場合は提携のペット霊園を紹介してもらうか、自身で納骨場所を探さなければいけません。また移動火葬車から発生する煙やにおいの近隣トラブルも起きているため、業者選びは慎重に行いたいところです。

 

ペット火葬の内容は?東京都で行える個別火葬・合同火葬について

つづけて、ペット火葬を東京都で行っている霊園や移動火葬車の、火葬方法について見ていきます。個別火葬と合同火葬の2種類となります。霊園ではどちらかを選ぶことができ、移動火葬車では個別火葬のみです。

 

個別火葬はご自身のペットのみで火葬

個別火葬は自身のペットのみで火葬を行うスタイルとなります。火葬後は骨壺を返してもらえるので自宅に持ち帰りたい方はこちらを選ぶと良いでしょう。個別火葬は、さらに立会いと一任があり、その違いは火葬炉までペットを見送り火葬後骨上げを行えるかどうかです。

 

一任だと、別れの儀式後は全て葬儀スタッフに任せる形となるため、火葬炉まで付き添ったり収骨したりはできません。火葬炉まで付いていって別れをしたい場合や遺骨を拾いたい方は立会いをおすすめします。移動火葬車は個別火葬のみ行っています。

 

合同火葬は他のペットたちと一緒に火葬

合同火葬は他の犬や猫、小動物たちと火葬されます。遺骨が一緒となるため火葬後は霊園の合同墓地や供養塔へ納骨されます。自身のペットに寂しい思いをしてほしくない、ほかのペットたちと一緒に眠ってほしいと考える方はこちらを選ぶことが多いようです。

 

また火葬価格も安めとなります。火葬や納骨まで行ってもらえるため、施設を訪れる時間がない忙しい方からも選ばれています。納骨後は、墓地を訪れてお墓参りが可能です。

 

火葬後は自宅供養もしくは施設へ納骨と供養の流れ

個別火葬の場合は骨壺を自宅へ持ち帰ることができるため、場所や棚を設ければそちらで供養ができます。しかし骨壺の自宅保管はなにかと気を使う必要もあるため、長期間はおすすめしません。また自宅の庭などに埋葬もできますが、いくつか注意が必要です。

 

そのためしばらく手元で供養し、1周忌などに霊園へ納骨する人が多くなっています。

ペット火葬を行う東京都内の施設には霊園やお寺があり、自宅供養後の納骨のみも可能です。納骨堂や墓地から選べ、納骨後は自由なお墓参りはもちろん、年数回の合同供養祭、個別の周忌法要が行えます。

 

ペット火葬を東京都でお考えの際は”大森ペット霊堂”へ

大森ペット霊堂は火葬から供養までを東京都内で扱っている霊園です。個別火葬(立会い・一任)や合同火葬があり、火葬前の葬儀では住職による読経を行っています。

 

ペットと飼い主様の最期の時間が大切なものになるよう、後悔のないお別れの実現をスタッフ一同心がけていますので、葬儀や骨上げの時間をしっかりお取りいただけます。ペットの送迎サービスや合同墓地への納骨も扱っているため、施設を訪れられない方にも安心です。

 

納骨堂以外の樹木下への納骨、海への散骨もご用意しているため、ご希望に沿ったプランをご紹介します。24時間365日電話相談を受け付けていますので、ペット火葬を東京都でお考えの際はお気軽にお問合せください。

 

まとめ

ペットの火葬を東京都で行える場所は、ペット霊園か移動火葬車となります。以下の理由から選べるでしょう。その他メリットデメリットも考慮し検討してみてくださいね。

  • ・ペットを手厚く見送りたい方は霊園、施設を訪れる時間のない方は移動火葬車
  • ・火葬炉まで付き添い骨上げしたい、自宅供養したい方は個別火葬
  • ・他のペットたちと供養したい、価格を抑えたい方は合同火葬

大森ペット霊堂は火葬を東京都で扱う施設の中でも珍しい、オンライン葬儀を行っています。施設を訪れることなくネット上でペットの葬儀を見ることができ、住職とやりとりできるため、コロナ禍の現在おすすめのプランです。ご興味のある方はぜひ1度お問い合わせください。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ

24時間365日受付・年中無休・ご相談無料