24時間受付 年中無休

0120-176-594
お問い合わせ
MENU

ブログ

Blog ― ブログ ―

2019.03.08
  • コラム

ペット葬儀業者が伝授するヒョウモントカゲモドキなどの爬虫類の適切なペット葬儀方法

ここ最近、飼育しやすい爬虫類としてヒョウモントカゲモドキを飼う方が増えてきました。日本の気候でも適応し、愛くるしい目に癒されるという方も多いのではないでしょうか。
飼っているペットが亡くなった時、「あなたに出会えてよかったよ。」と思いを伝える方法として、ペット葬儀を考える方も数年前に比べ増えてきました。ヒョウモントカゲモドキの葬儀をするにあたっての準備や流れについてピックアップしてみましょう。

    目次

  1. 1.なぜ今、ヒョウモントカゲモドキが人気なのか
  2. 2.愛おしい存在だからこそのお別れの準備
  3. 3.ヒョウモントカゲモドキなどの適切な安置方法
  4. 4.ヒョウモントカゲモドキなどの葬儀の流れ
  5. 4-1.ご自宅へお迎え
  6. 4-2.お別れ
  7. 4-3.火葬
  8. 4-4.お骨上げ
  9. 4-5.返骨・納骨
  10. 5.後悔しないペット葬儀へ

なぜ今、ヒョウモントカゲモドキが人気なのか

これまでペットといえば、犬や猫などの動物がメインでした。ですが、いまでは「エキゾチックアニマル」という言葉ができるほど、少し特殊で珍しい動物をペットとして飼うことが徐々に浸透してきました。エキゾチックアニマルには、モモンガやウサギ、フェレットなどが当てはまります。その中でも特に人気なのが、意外にもイモリやトカゲ、ヘビといった爬虫類です。

その人気から、都内ではエキゾチックアニマルに特化した展示・販売会を行なうところもあります。爬虫類特有の愛くるしい表情とクリクリしたつぶらな瞳がとてもチャーミングで癒されるとあり、ヒョウモントカゲモドキの虜になる人が多いです。

愛おしい存在だからこそのお別れの準備


ヒョウモントカゲモドキのように爬虫類を飼う方にとって、気が気でないのは日々のケアだと思います。温度や湿度調節はもちろん、ストレスを抱えないための環境作りなど、気にかけてあげる箇所は挙げだしたらキリがありません。

 

その中でも決して忘れてはいけないこと、生きとし生きけるものには必ずお別れの時が来るということです。飼う方にとって、長く元気に過ごしてほしいと思いその対策や準備に時間を注ぐことはとても大切なことです。ですが、悲しいことにお別れが訪れたとき、人は最善の選択ができないことがしばしばあります。
あの時に葬儀を行っていれば、本当にこの方法でよかったのだろうか、悩みはふつふつと湧き出てきます。

 

考えたくないこと、避けられるなら避けたいことであることは十分わかりますが、あなたが後悔しないためにも今回お伝えする爬虫類の安置方法や葬儀については覚えておいてくださいね。

ヒョウモントカゲモドキなどの適切な安置方法


爬虫類は日が経つと体の表面から水分が蒸発していき、少しずつ体が小さくなっていきます。ご自身に抵抗がないのであれば、冷蔵庫に寝かせておく方法があります。こうすることによって、体が小さくなっていくことを防ぐことが可能です。

 

しかし、冷蔵庫で寝かせておく方法に抵抗がある方も中にはいるかと思います。
その場合は、体の大きさに合わせた容器に入れてお気に入りの場所で寝かせてあげます。その際には、保冷剤を添えることが必要です。保冷剤の置き方によっては、体の小さな爬虫類を押しつぶしてしまう危険があります。そうならない為に、保冷剤の上にタオルを引き、その上にそっと体を乗せてあげましょう。ただ、先ほどお話ししたように、時間が経つにつれ体の水分がどんどん失われてしまいます。可能であればその日のうちか、次の日あたりに火葬してあげることがオススメです。

ヒョウモントカゲモドキなどの葬儀の流れ

私たちは犬猫だけでなく、ヒョウモントカゲモドキをはじめとした爬虫類のペット葬儀を行ってきました。葬儀当日はどのような流れで進むのかお話ししていきます。

1.ご自宅へお迎え

ご希望の方には、大森ペット霊堂よりお車でお迎えにあがります。お持込みでの葬儀対応も可能です。お気軽にお電話でご相談くださいね。また、依頼いただく際には、必ず種別を教えていただきますようお願いいたします。

2.お別れ

大森ペット霊堂では、お焼香や読経を行なっています。本来、犬猫の葬儀の場合であれば、生前大好きだったご飯やお花を入れるのですが、爬虫類の場合は注意が必要です。なぜなら爬虫類の大好きなご飯は、「生餌」がほとんどのため、生きた昆虫などをお持ちいただくことがありますが、生餌は火葬ができません。お持ちいただく際は、冷凍したご飯でお願いいたします。

3.火葬

合同葬の場合には、他のご家族と共に火葬を行う為お骨の返骨ができません。個別一任火葬や立会い葬儀は、返骨があります。

4.お骨上げ

ペット葬儀業者によっては、爬虫類のお骨上げができないと耳にします。ですが、大森ペット霊堂では適切な火葬を行なっている為、ご遺族にお骨をお返しすることが可能です。

5.返骨・納骨

合同葬では、お骨は大森ペット霊堂内にある合同墓地にて納骨します。個別一任葬や立会い葬儀では、骨壷にペットのお骨を収めてご自宅へ持ち帰ることが可能です。

後悔しないペット葬儀へ


最近では、爬虫類のペット葬儀ができるところが増えてきましたが、動物に対する知識が乏しいペット葬儀業者も残念ながらいます。もしも大切なペットを預けるなら自分が納得して任せられるペット葬儀業者へ依頼すると良いでしょう。
大森ペット霊堂では、生前相談を積極的に行なっています。あの時こうすればよかったと悔やむことがないお別れができるよう、どんな些細な悩みにも向き合います。いつでも気軽にご連絡くださいね。