NEWS

新着情報

ペットを火葬するならどこにお願いするのがおすすめ?絶対に後悔しないための4つのポイント

2020年3月25日

ペット火葬

大切な家族(ペット)が亡くなってしまい、頭が真っ白になってどうしていいのかが解らずパニックになってしまう人は非常に多いのではないでしょうか。

ですが、ペットも人間と同じように家族同然に過ごしてきたこともあり、最後までしっかり見届けたいと思うものです。

亡くなったペットにも、今までありがとうという意味をこめるために最後まで見届けたいと考えるはずです。

しかし、突然起きる訃報にどこでペットを火葬して良いのかを迷ってしまうはずです。

そこで今回は、ペットを火葬するときにどこにお願いするべきなのかをお伝えしますので、参考にしてみてください。

    1. 目次
  1. 1.ペットの火葬が注目されている理由
  2. 2.自治体でも対応してくれるがあまりおすすめはしない理由
  3. 3.ペットを火葬できる場所はいくつかある
  4. 3-1.ペット火葬は訪問火葬業者に依頼できる
  5. 3-2.ペット火葬は霊園に依頼できる
  6. 3-2-1. 立会葬儀
  7. 3-2-2. 合同火葬
  8. 4.ペット火葬で後悔しないためにやるべきこと
  9. 4-1.明確な料金設定かどうか
  10. 4-2.見積りはしておく
  11. 4-3. ペット火葬の実績があるのかどうか
  12. 4-4. 相談にのってくれるペット火葬業者
  13. 4-4. ペットの火葬なら「大森ペット霊堂」へお任せください

ペットの火葬が注目されている理由

ペット火葬

そもそも、なぜペットの火葬が利用されているのでしょうか。

もともとは、ペットが亡くなってしまったときは自治体によって焼却してもらうのが当たり前でした。

しかし時代は変わり、ペットを人間と同じように火葬をするという意識が根づきました。

なぜならペットの需要と、ペットを愛する人たちが増加したからです。

街中のいたるところにペットショップがオープンし、気軽にペットを飼うことができるようになったのも、背景にあるのかもしれません。

また、ペットを飼うという概念ではなく、人間と同じように一緒に長い時間を過ごし、まさに家族同様に過ごしてきたからこそ、適当に焼却するのはいけないという考えを強くもたれている人も多いことでしょう。

だからこそ、自治体ではなく民間の専門業者にペットの火葬をお願いするというわけです。

自治体でも対応してくれるがあまりおすすめはしない理由

ペット火葬

ペットを火葬する場合は、民間の業者に依頼するケースが多いですが、それ以外にも自治体で対応してくれます。

しかし、自治体でペットは親切に扱ってくれないという大きなデメリットがあります。

しかも、自治体ですとペットのご遺体は一般廃棄物として処理されるため、ゴミとして扱われるというわけです。

正直なところ、ペットに愛情があればあるほどゴミ扱いされるのは腹が立つことでしょう。

だからこそ、いくら自治体でのペット火葬の金額が安かったとしても、ペットのことや飼い主のことを考えればそれは避けるべきと言えます。

また、自治体では基本的にゴミとして処分されるため葬儀はもちろん、お骨も戻ってこないことがほとんどです。

ペットを火葬できる場所はいくつかある

ペット火葬

もし、ペットを火葬しなければならないときに、自治体以外ですとどこに依頼するべきなのでしょうか。

ペット火葬は訪問火葬業者に依頼できる

みなさんはペットの訪問火葬業者があるということを、ご存知でしたでしょうか。

ペットの訪問火葬業者は、名前の通り指定の場所にきてもらいその場所で火葬をしてもらうサービスのことを表します。

普通に考えたら、火葬が訪問できるというのが不思議に思ってしまいますが、ペットの火葬ならではのシステムです。

ペット火葬は霊園に依頼できる

一般的には人間と同じように、ペットがお亡くなりになったのであれば指定の場所に持って行く必要があります。

霊園によってサービスはさまざまですが、基本的には火葬をはじめセレモニーなどを行ってくれるところもあります。

また霊園のペット火葬では、合同火葬や個別葬儀などいくつかの種類がありますので、ペットのためならこれが良いなと思った方法を選ぶようにしましょう。

立会葬儀

ペット火葬で一般的な方法が、立会葬儀です。

立会葬儀とは、ご家族(飼い主)が火葬場まで立会いペットを見送り、お骨を拾う葬儀のことを表します。

ですから、しっかり手厚く供養をしたいとお考えでしたり、最後まで家族として対応したいと思うのであれば、立会葬儀がおすすめです。

合同火葬

合同火葬は、その名の通り合同で行う火葬のことを表します。

個別とは違い、合同はほかのご家族(ペット)と一緒に火葬をすることができます。

費用を大きくかけることができない場合に、合同火葬が選ばれる傾向にあります。

 

▶▶ペットの火葬についての関連記事はこちら⇒ペット火葬後の対応とは?納骨・供養について

ペット火葬で後悔しないためにやるべきこと

ペット火葬

では、もしペット火葬を利用したいと思ったときに、どうすれば後悔せずにいられるのでしょうか。

明確な料金設定かどうか

どんな人でも不安でたまらないときは、正常な判断ができなくなるのではないでしょうか。

とくに大切なペットが亡くなってしまったときは、悲しさのあまり何も考えずに適当なペット火葬業者にお願いしてしまうかもしれません。

しかし、運悪くその業者が悪質だった場合、あとあと高額な費用を請求されてしまうということがあります。

ペットが亡くなって悲しい思いをしているのに、お金のことでさらなる悲しさを経験してしまうと、とてもつらいものです。

ですから、ペット火葬をお願いするときにはまず落ち着いて、その業者の料金がしっかり解るのかどうかを確認しておく必要があります。

まずは、ホームページに料金がしっかり掲載されていれば安心と言えるのではないでしょうか。

見積りはしておく

ホームページにペット火葬の料金が記載されていたとしても、はじめての利用であればとても不安に思うものです。

そのままホームページの料金をうのみにして、利用後に予想以上の費用を請求されてしまったら、たまったものではありません。

ですから、念のため見積もりはしておくべきです。

また、追加料金があるのでしたらどういうケースで発生するのか、今回の見積りで追加料金は発生するのかを聞いておけば、より安心できると言えるでしょう。

ペット火葬の実績があるのかどうか

どんなものでもそうですが、事業を立ち上げたばかりの業者に依頼するのはちょっとばかり不安なものがあります。

なぜなら、その業者はどれだけの実績があるのかを知る由がないからです。

それはペット火葬にも該当するのではないでしょうか。

大切な家族を、最後までしっかり見送りたいことから、実績のあるペット火葬業者に依頼すれば安心できると言えます。

相談にのってくれるペット火葬業者

ペット火葬は、そう何度も体験するものではありません。

ですから、最初はどういうことをしてくれるのか、費用はどれくらいかかるのかなどを不安に思われることでしょう。

しっかり話を聞いてもらい、はじめてでも理解できるような案内をしてくれるペット火葬業者を選ぶべきと言えます。

また、ペットがお亡くなりになるまえの生前相談などにも対応しているペット火葬業者ですと、いろいろ準備ができるため、より安心ではないでしょうか。

ペットの火葬なら「大森ペット霊堂」へお任せください

ペットを火葬したいけれど、どこにお願いして良いのか解らない。

そんなときには、ペットの火葬なら東京の「大森ペット霊堂」へお任せください。

大切なペットが亡くなると、とても悲しい気持になるのは当然のことです。

なぜならペットも家族同然に過ごしてきたからです。

だからこそ、ペットが亡くなっても最後の最後までしっかり見届けたいと思うはずです。

ですが残念ながら、動物のことを真剣に考えている業者や霊園が少なくなっているのも事実です。

大森ペット霊堂では動物を愛しているスタッフのみが在籍しているため、本当にペットのことを第一に考え、責任をもって対応いたします。

ペットがお亡くなりになった、生前相談をされたいとのことでしたら、大森ペット霊堂へご相談ください。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。

最新記事 by omori-petcemetery (全て見る)