BLOG

ブログ

猫の火葬はどこにお願いするべき?失敗しないためにやるべきこととは

2020年4月18日

猫 火葬

毎日一緒に過ごしていた大切な家族。

しかし、猫も人間と同じようにある日突然亡くなってしまうことがあります。

そういう予兆があったとしても、正直なところ信じられないのではないでしょうか。

とはいえ、現実的に猫が亡くなってしまったので次にやらなければならないことがあります。

それが火葬です。

今回は猫の火葬はどこにお願いするべきなのか、失敗しないためにはどうするべきなのかを見ていきましょう。

    1. 目次
  1. 1.猫の遺体はそのまま放置はできない!?
  2. 2.猫を火葬する場所は大きく分けて3つある
  3. 2-1.民間の火葬業者・霊園
  4. 2-2.自治体火葬
  5. 2-3. 出張火葬サービス
  6. 3.猫の火葬の流れについて
  7. 3-1.葬儀社・霊園・自治体などに連絡をする
  8. 3-2. お別れのために事前準備をしておく
  9. 3-3.直接火葬場へ行くか迎えに来てもらおう
  10. 3-4.火葬場で火葬をする
  11. 3-5.最後はお骨の対応
  12. 4. 猫の火葬業者の探しかた
  13. 4-1.ホームページから探す
  14. 4-2.ホームページだけでは全て見えない
  15. 4-3.口コミをチェックしておく
  16. 5. 猫の火葬のまとめ

猫の遺体はそのまま放置はできない!?

猫 火葬

大切な猫が亡くなってしまっても、できるだけそばにいたい。

そうお考えの人は非常に多いのではないでしょうか。

しかし現実問題、人間もペットも亡くなったからと言ってそのまま家に置いておくわけにはいきません。

とくに猫はとても小さいため、しばらくは大丈夫だろうと思うかもしれませんが、なるべく早期対応をする必要があります。

なぜなら、どんな生き物でも亡くなったらどんどん腐敗していくからです。

生き物が腐敗してしまうと、亡くなったペットのためにもなりませんし、なにより衛生的にもよくありません。

そのため、猫が亡くなったら迅速な対応をしてあげることが重要です。

猫を火葬する場所は大きく分けて3つある

猫 火葬

実は、猫を含めペットを火葬する場所は3つあることをご存知でしたでしょうか。

最低限、火葬をする場所さえ知っておけば、いざというときにパニックにならずにすむことでしょう。

民間の火葬業者・霊園

人間の火葬業者と同じように、猫も民間の火葬業者が存在しています。

民間の火葬業者では葬儀や火葬、納骨、供養までをすべて行っている火葬業者もあります。

つまり、大切な家族だった猫を人間と同じように最後まで見送ることができるというメリットがあります。

ただし、ペットの葬儀会社のなかには悪質な業者も存在するため、注意が必要です。

自治体火葬

市町村が運営・管理をしている公営火葬場で猫の火葬に対応してくれます。

民間の業者とは違い市町村が運営しているため、信用度で言えば圧倒的にこちらのほうが高いと言えます。

ただし、自治体の火葬サービスはあくまで猫を物として扱う傾向にあるという特徴があります。

それはどういうことか。

猫もそうですがペット全般が、ゴミと同じ一般廃棄物として処分されるため、確実に雑な扱いになってしまうというデメリットがあります。

つまり、愛情を注いできた猫を雑に、そしてゴミとして扱われるわけです。

動物好きからすれば、そんな方法は取れませんし許せるわけはありません。

出張火葬サービス

車がないし、移動手段もない。

そういうときは出張火葬サービスが大いに役立ちます。

出張火葬サービスは、名前の通り自宅まで専門業者が来てくれ火葬をしてくれます。

また、自宅でお別れをしたいとお考えの場合にも、出張火葬はピッタリなサービスと言えます。

ただし、このようなサービスは火葬施設が必要ではないことから所在が分からない業者が存在しており、十分注意する必要があります。

 

▶▶猫の火葬に関連する記事はこちら⇒ペットを火葬するならどこにお願いするのがおすすめ?絶対に後悔しないための4つのポイント

猫の火葬の流れについて

猫 火葬

もし、大切な猫が亡くなってしまったときに、何をどうすれば良いのかを迷ってしまうはずです。

そこで、猫が亡くなってしまったあとの流れについてお話します。

葬儀社・霊園・自治体などに連絡をする

猫が亡くなってしまったのであれば、ペット専門の葬儀社や霊園、自治体に連絡することが最初にやることです。

亡くなったペットの気持ちになって、葬儀社や霊園にお願いをするのか、それとも自治体に任せるのかをよく考えましょう。

火葬はいちどきりです。

失敗もやり直しもできませんので、後悔のないような選択肢をとってください。

お別れのために事前準備をしておく

猫をそのまま火葬するのであればなにも必要ありませんが、内容にこだわりたいのであれば事前準備をする必要があります。

たとえば、棺のなかへ一緒に入れるものをはじめ数珠、ハンカチなどを準備しておくとベストです。

ただし、棺に入れられないものもありますので事前に確認しておくといいでしょう。

直接火葬場へ行くか迎えに来てもらおう

猫を火葬する場合は、当然ながら専門業者のところに行かなければなりません。

もし、指定場所まで車を使って猫と一緒に移動できるのであれば問題ありませんが、すべての人がそれをできるわけではありません。

そのときは、迎えに来てもらうことが可能なのか、難しい場合はどうすればいいのかを確認しておくようにしましょう。

火葬場で火葬をする

霊園や葬儀場に到着すると、猫を火葬します。

とはいえ、突然起きる不幸に戸惑いを隠せず、自宅に猫をしばらく置いておきたいと思うこともあるはずです。

別れの決心をつけるためにも、1日~2日程度で火葬するようにしましょう。

また、数日自宅で置いておく場合はドライアイスと冷房で適切な処置を行うことが重要です。

最後はお骨の対応

猫の火葬が終わりましたら、最後はお骨をどうするのかを決めなければなりません。

合同火葬では、複数のペットの火葬をするためお骨は返ってくることはありません。

また、自治体での火葬を選んだ場合も基本的には処分されてしまいます。

霊園や火葬業者によってはお骨を返してくれるところもありますので、どうするのかを考えておきましょう。

猫の火葬業者の探しかた

猫 火葬

もし猫が亡くなったときに、どこに問い合わせをすればいいのかを迷ってしまうのではないでしょうか。

焦ってしまった結果、悪徳業者に当たってしまうことも考えられます。

そこで、安心できる猫の火葬業者の探しかたについてお話します。

ホームページから探す

どんなところでもそうですが、利用したいと思ったときにその業者の詳細が解らないと問い合わせしたくなくなるものです。

しかし今はどんな会社でも、ホームページをもっている時代になったため、まずは近隣の火葬業者を探してみるべきです。

気になるエリアの火葬業者のホームページを見て、メニューや料金、強みなどを見て良さそうであれば問い合わせしてみましょう。

ホームページだけでは全て見えない

ホームページはどうしても文字や画像でしか判断できません。

たとえば、ホームページではすごい良いことが書いていたとしても、実態は真逆かもしれません。

ですからホームページを見た後は、かならず電話やメールなどで問い合わせするべきと言えます。

なぜなら、電話やメールでの対応でちゃんとした業者かどうかがある程度見えるからです。

ものすごい丁寧な対応であれば、安心して利用できますし、そうではない場合は違う業者も考えるべきではないでしょうか。

口コミをチェックしておく

ホームページを見て、問い合わせも対応が良かった。

でもサービス内容は最悪かもしれません。

そこで、インターネット内にある口コミを調べておくとより安心して利用できると言えます。

なぜなら口コミは利用したユーザーが、実際に体験したことを書いているからです。

ただ、基本的にそういうサイトは匿名性が高いため、信憑性にかけるというデメリットがあります。

ただ、本当に評判の良い火葬業者であれば、ほとんどは良い口コミで埋まっているはずです。

ですから口コミもある程度参考にして、猫の火葬業者を決めるようにしましょう。

猫の火葬のまとめ

猫の火葬をするところはたくさんありますが、選びかたを失敗するとずっと後悔してまうことになりかねません。

ですから絶対に後悔しないためにも、しっかり事前に調べて猫の火葬業者を利用するようにしましょう。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。