BLOG

ブログ

ハムスターの火葬はどこにお願いするべき?絶対に後悔しないためにやるべきこと

2020年4月18日

ハムスター 火葬
大切なハムスターが、突然亡くなる。

本当に突然のことで、頭がパニックになってしまうことでしょう。

ですが、ずっと可愛がってきた大切な家族ですから、最後の最後まで責任をもって見届けたいと思うはずです。

そこで今回は、ハムスターの火葬はどこにお願いするべきなのか。

絶対に後悔しないためには、何をするべきなのかを見ていきましょう。

    1. 目次
  1. 1.そもそもハムスターが亡くなったらどう対応するべきなの?
  2. 1-1.自治体にお任せする
  3. 1-2.自宅の庭に埋葬する
  4. 1-3.ハムスターの火葬専門業者にお任せする
  5. 2. ハムスターの火葬専門業者を利用するデメリット
  6. 2-1.費用が発生してしまう
  7. 2-2.悪徳業者がごくまれに存在している
  8. 3. ハムスターの火葬専門業者を利用するメリット
  9. 3-1.ペットも人間と同じように丁寧に扱ってくれる
  10. 3-2.亡くなったハムスターも安心して天国へ行ける
  11. 3-3.24時間365日対応してくれる
  12. 3-4. さまざまなプランに対応している
  13. 3-5.生前相談ができる
  14. 4.ハムスターの火葬まとめ

そもそもハムスターが亡くなったらどう対応するべきなの?

ハムスター 火葬

ハムスターという小動物が亡くなってしまうと、どうやって見送ってあげればいいのかを迷ってしまうはずです。

なぜなら、そう何度もハムスターが亡くなる経験をしないからです。

とは言っても、適当に埋葬してしまうと周りに迷惑をかけるのはもちろん、亡くなったハムスターが悲しむかもしれません。

ですから適切な方法で、ハムスターを見送ってあげなければなりません。

自治体にお任せする

市町村の自治体で、ハムスターの火葬をしてくれるところがあります。

自治体でのハムスターの火葬は、どこよりも料金が安いという特徴がありますがあくまで火葬だけしかやってくれません。

また、自治体ということもあり平日もしくは土曜の夕方までの受付など、対応できる時間が限られていることがほとんどです。

さらに、自治体でのペットの取り扱いは一般廃棄物というカテゴリになってしまうため、ゴミと同じ焼却方法をとるという大きなデメリットがあります。

ハムスターを大切な家族として迎え入れ、何年も一緒に生活してきた飼い主としては、ゴミとして処分されるのは許されないはずです。

ですから、値段の安さではなく安心してハムスターを見送れるようなところにお願いしたいというのが本音ではないでしょうか。

自宅の庭に埋葬する

ハムスターそのものがとても小さいこともあり、自分の家の庭に埋めたり、あわよくば近くの公園などに埋葬してあげればいいか、と思ってしまうかもしれません。

たしかに、自分の家の庭であれば全く問題ありません。

しかしマンションなどの共同管理をしているところや、市町村が管理しているような公園などに埋葬してしまうと、トラブルになる可能性があります。

自分自身がとても小さな子どもでしたら、知らずに埋めてしまうのはよくあることですから、そこまでとがめられることはありません。

しかし、大人になればなるほどやっていいことと悪いことの判断がつくはずですから、少しでも不安を感じたのであれば辞めておくべきと言えます。

ハムスターの火葬専門業者にお任せする

実は、ハムスターを火葬してくれる専門業者があることをご存知でしたでしょうか。

火葬業者と言えば、どうしても人だけというイメージを持っている人が多いはずです。

ですが、ペットを専門としている火葬業者はたくさんありますし、犬や猫だけではなく小動物までも対応しているという特徴があります。

では、自治体も火葬業者どちらも同じことができますが、火葬業者を利用するとどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

▶▶ハムスター火葬に関連する記事はこちら⇒ハムスターが飼い主に知らせる最期のメッセージ

ハムスターの火葬専門業者を利用するデメリット

ハムスター 火葬

なんでもそうですが、メリットもあればデメリットもあります。

まずは、ハムスターの火葬専門業者を利用するデメリットから見ていきましょう。

費用が発生してしまう

自治体をはじめ、火葬専門業者を利用する場合いくらかの費用がかかってしまいます。

もちろん、業者によって値段は異なりますが無料で火葬をすることはできません。

また、自治体の火葬よりも専門業者のほうが値段は高い傾向にあるため、予算が限られている人からすれば前者を利用せざるをえません。

ただし、火葬専門業者によっては思っている以上に安く引き受けてくれるところもあるため、探してみるべきと言えます。

悪徳業者が存在している

火葬専門業者を事業にしているからこそ、悪徳業者が存在している場合があります。

たとえば、ペットを雑に扱われたり、あとで高額な費用を請求されたりなどが該当します。

やはり、飼い主は悲しみでいっぱいだからこそ、適切な判断ができなくなってしまうものです。

その心理を利用し、高額な費用を伝えることなく後で請求されるというわけです。

もちろん、ほとんどの火葬専門業者は優良ではありますが、可能性として悪徳業者が存在しているためご注意ください。

ハムスターの火葬専門業者を利用するメリット

ハムスター 火葬

では、ハムスターの火葬専門業者を利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

ペットも人間と同じように丁寧に扱ってくれる

自治体では、ハムスターはゴミとして処分されますが、火葬専門業者は全く違います。

なぜなら火葬専門業者は、どんな動物であっても生きていたときと同様に接してくれるからです。

大切なペットがなくなったときは、飼い主も相当な精神的ダメージをおっています。

そんなときにペットを大切に扱ってくれると、少しくらいは心が安らぐのではないでしょうか。

亡くなったハムスターも安心して天国へ行ける

もし仮に、自治体でゴミとして処分されたとしましょう。
飼い主は傷つきますが、亡くなったハムスターはもっと傷ついているかもしれません。

ですから、今までのお礼やこれから安心して旅立てるように、ハムスターの火葬専門業者にお願いをするというわけです。

もちろん、亡くなったハムスターの気持ちは解りませんが、最後までしっかり対応してあげることで、安心して天国に旅立てるのではないでしょうか。

 

24時間365日対応してくれる

自治体は市町村が管理しているため、たとえば朝の9時から夕方の5時までと営業時間が決まっています。

しかし、ハムスターはいつ亡くなるのかなんて解りませんし、万が一深夜に亡くなってしまったらとても不安に思ってしまうことでしょう。

ペット火葬業者にもよりますが、24時間365日受付しているところもあるため、いつどういうトラブルが起きたとしても、迅速な対応をしてくれるというメリットがあります。

さまざまなプランに対応している

ハムスターの火葬専門業者では、さまざまなプランに対応しています。

たとえば火葬場まで立会い、お骨を納めることもできますし、スタッフに任せることもできます。

他のペットと一緒に火葬してほしい場合も、合同葬として対応してくれます。

また、より手厚く見送りたいとお考えでしたら花祭壇を作ってくれたり、住職や神父などを呼ぶことも可能です。

つまり、ただ火葬をするだけではなく要望に応じてさまざまなことができるというメリットがあります。

生前相談ができる

あまり考えたくないかもしれませんが、ハムスターもいつ亡くなるのかなんて解りません。

しかし、様子がおかしかったり異変に気付いたりしたときは、もしかして、と思ってしまうものです。

そのため、突然ハムスターが亡くなって焦ってしまうよりも、事前にこういうプランがあって、料金はどれくらいということを知っておけば、万が一のことが起きても落ち着いて対応できるはずです。

ハムスターの火葬専門業者では、生前相談にも対応している所があるためハムスターのためにも事前に確認をしておきましょう。

ハムスターの火葬まとめ

ハムスターの火葬はどこですればいいのかを、迷ってしまう人は非常に多いです。

ですが、ちゃんとハムスターの火葬ができる専門の場所があるため、お亡くなりになった場合はご利用ください。

亡くなったハムスターも、手厚く見送ってくれて喜んでくれること間違いありません。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。