24時間受付 年中無休

0120-176-594
お問い合わせ
MENU

ブログ

Blog ― ブログ ―

2018.01.15
  • スタッフブログ

犬の嫌がる行為

 

こんにちは!

大森ペット霊堂のスタッフの江川です!

 

今回は犬が嫌う行為についてまとめさせていただきたいと思いますが、

 

そのまえに、去年の暮れに来堂された飼い主さんとのお話をさせて頂きます。このお話はタイトルとは関係ないです!

年末にペットちゃんを初めて亡くされたご家族がいらっしゃいましてご葬儀の相談をしに来られたのですが、

まだ亡くなって一時間も経たないくらいだったので、かなり動揺されていました。。。

 

その方は自宅安置したいのでドライアイスが必要とのことでしたので、

一旦ドライアイスを買いに行かせていただきました!

そしてそのペットちゃんの胸、背中、お尻にドライアイスをあてがってあげて下さいと説明させて頂いたうえでそのご家族の方は帰られました。

そして後日、

立会火葬をし、無事に御収骨されて飼主様に「あなたに相談してよかったです。」と言っていただきこのお仕事をはじめて4か月たちましたが、自分が対応させていただいた方に褒めて頂き嬉しかったです!!

 

亡くなったペットちゃんに対し

どうすればいいかわからない方も多いと思いますので、

そんな方でも自分たちでお答えできることは電話でも来堂されてもしっかりお答えさせていただきます。以上です!

 

 

 

ここから

 

 

タイトルにもあります

 

が嫌る行為」

について書かせていただきます。

 

・触れ合いがない(スキンシップ)

これはマッサージなどでスキンシップをはかったり散歩など運動で犬は発散しますのでしてあげてください!

ちなみにマッサージで病気の早期発見などもありますので、

・睡眠を邪魔する

これはあまり説明要らないと思います。

人も睡眠は寿命に関係していますので、

 

・頭を撫でる

犬を撫でるというと、頭を撫でることを想像しがちですが、

犬は頭を撫でられることに不快感を感じている場合がほとんどなのです。

首や背中などを撫でるようにし、なるべく頭を撫でることは控えた方がいいです。特に、嫌いな人に頭を撫でられると恐怖心から噛み付いてしまったりすることもあります。

 

・後ろから抱きしめる

これは可愛くてしたくなるのはわかるんですが、後ろから覆いかぶされようにこられたら犬は恐怖心しかありません。あとはマウンティングと間違われ、飼主の立場より犬の方が優勢な場合は噛みつかれる可能性大です。

 

 

 

この記事はこれから犬を向かい入れる方はもちろん

今飼い犬に似たようなことをしている人にも向けて書かせていただいてます!以上です