1. TOP
  2. BLOG
  3. ペットロスで辛いあなたへ。49日までの過ごし方

BLOG

ブログ

ペットロスで辛いあなたへ。49日までの過ごし方

2020年11月27日

大切なペットを亡くしてやっとの思いで見送ったお葬式から少し経って、ふと思うこと。

 

これからどうしたらいいんだろう?

 

亡くなってからめまぐるしくお葬式まで過ぎていき、気づくと手元にあるのはお骨と大切なペットの遺影だけ。大切なあの子がいない寂しい家に、だんだん押し寄せてくる現実と言いようのない寂しさからペットロスに陥って不安を抱く人もいるかもしれません。

 

でもペットの魂も人間と同じように49日というものがあるそうです。49日は亡くなってあの世へ旅立っていくと言われている節目。あなたはその間どう過ごしますか?

 

お葬式から49日までのすごし方と49日の見送り方をご紹介したいと思います。あなたとペットが満足できるお見送りの参考にされてください。

49日は何をする?

お葬式の後の49日は大きな節目と言いますが、49日とは何のためにあるのか、法要はどのようにするのでしょうか?

49日とは

亡くなってから7日ごとに行われる行事を忌日法要と言い、49日はその一つです。49日は亡くなった日を1日目と計算され49日目に行われます。よく「忌明け」などとも言われますが、その日まで魂は現世に残り、49日経ったら魂が審判を受け、あの世へ行くと言われている節目です。

 

そのため、亡くなってから7日毎に故人への祈りを行うことで、故人の善い行いを足していき、天国へ行けるよう手助けをするとも言われています。

 

ただ、ペットなど動物はみんな純粋無垢な生き物なので、そのままの状態でも天国に行ける気はしますよね。

ペットの49日法要とは

人間の場合は49日を亡くなってからの大きな節目と考え、ご住職や親しい人を呼んで読経してもらい個人を弔うというのが一般的な流れではないでしょうか?

 

ペットにとっての49日は特に決まりなどはありません。人によっては火葬後にすぐ納骨をする人もいれば、人間と同じように読経をあげ法要をした後に納骨をするという方も多くいらっしゃいます。

 

大森ペット霊堂でも49日法要をされる方は多く、ご住職をお招きして合同法要を月2回行っています。個別法要の場合はご要望に応じてその都度対応させていただいております。

 

またご自宅での法要も対応しております。お越しの際は事前にご予約をいただき、服装などはさほど気にされずお気軽にいらしてください。

 

49日法要では人間と同じように読経後にペットの名前を呼んでいただきご焼香していただきます。

 

大森ペット霊堂出がお呼びするご就職は実際にペットを飼っている方をお呼びするので、法話に涙を流される飼い主さんもいらっしゃいます。ご予約いただければ供養塔婆もお作りしております。

49日までどうすごしたらいい?

日が経つ毎に襲ってくる現実に頭も心も追いついていかずペットロスになってしまった中、49日までどう過ごしたらいいのでしょうか?

祭壇を作る

まずは祭壇を作りましょう。いつもペットがいた場所につくってもいいかもしれません。簡単なものでかまいませんので、遺影とお骨を置くことができるスペースがあれば十分です。

 

そしてできれば毎日、お線香とこれまで食べていたご飯をお供えしてください。これまでのことをたくさんおしゃべりするといいでしょう。49日まではあなたの側にいますから、好きなおやつなどもあげるとくるくる周りながら喜んでいるかもしれませんね。

 

49日の間に何となくペットの雰囲気を感じたり、側にいるような温かさを感じる人もいるようです。側にいて気づいて欲しいとアピールをしているのかもしれませんね。

少しずつ荷物を整理する

ペットが使っていたものやおもちゃ、寝床などたくさんあの子がいた形跡が残っていると思います。どうぞしばらくはそのままで。ペットもそばにいますので、すぐに片付けたら寂しがるかもしれません。

 

ただ49日に大切なペットがあの世に心置きなく行けるように、少しずつ整理をしましょう。49日はあなたとペットが本当にお別れをする猶予期間と考え、心を落ち着かせながら思い出を整理してみてもいいかもしれません。

あなたらしい49日を

49日の法要は様々なケースがあり、何が正解ということもありません。人によっては、ご自宅でご家族が読経をされても問題ありませんし、何もしない場合でも大丈夫です。

 

ご家族とペットが安心して過ごせる環境で、後悔なく最後のお見送りができれば、問題はないのです。

 

ペットロスになってしまってどうすればいいのか分からない、考えられないという方は一度ご相談ください。一番いい方法を一緒に考えてみませんか?

まとめ

49日とは魂があの世へいく節目とされています。49日法要はペットの場合は特に決まりなどはありません。

 

離別の悲しみからペットロスにおちいってしまった方も49日はペットの魂がこの世に残る最期の期間です。

 

祭壇を作りご飯をあげたりたくさんお話しをしましょう。そして少しずつ整理をはじめてみてはいかがでしょうか?

 

大森ペット霊堂では、ペットに馴染みのあるご住職をお呼びし、月に2回合同法要を行っており、また個別法要も適時行っております。

 

法要のみならず、会いたい時やお参りしたい時はいつでも会いに来られてください。

 

49日目法要について、具体的にどうしたらいいのか分からないという方も、どうぞ一度ご相談ください。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ

24時間365日受付・年中無休・ご相談無料