1. TOP
  2. BLOG
  3. ミニチュアダックスフンドが死んだら新しい子を迎える可否について

BLOG

ブログ

ミニチュアダックスフンドが死んだら新しい子を迎える可否について

2021年3月7日

胴長で短足のミニチュアダックスフンドは、その姿や歩き方がとても可愛いですよね。そんな愛犬にもいつかは別れのときが来ます。

 

もしものときのために死ぬ原因について知っておくと、気持ちを落ち着かせて対処することができます。

 

また、ミニチュアダックスフンドが死んだら、寂しさで新しい子を飼いたくなる方もいらっしゃるかと思います。新しい子を迎えるかの可否についても合わせてお話していきます。

 

ミニチュアダックスフンドが死ぬ原因とは

ミニチュアダックスフンドはどのようなことが原因で亡くなってしまうのでしょうか。突然死してしまう子もいるので、備えておくことがとても重要になります。

 

ミニチュアダックスフンドの3つの死因

ミニチュアダックスフンドの死因は大きく分けて3つあります。

1. 腫瘍

死因で最も多いのが、腫瘍・がんです。最近ではペットフードが改善され、寿命が伸びているミニチュアダックスフンドも多い傾向にあります。しかし、寿命が延びるに伴って腫瘍ができてしまう子も多くなってきています。

 

腫瘍は口腔内・皮膚・内臓にできることが多く、早期は症状が出ずに気付かない場合があります。食欲不振や元気がないなど、気付いたことがあれば獣医師に診てもらいましょう。

 

2. 循環器の病気

先天性心疾患・不整脈・心筋症・弁膜症などが循環器の病気です。気付きにくいことが多く、症状が重くなってからだと死に直結する病気が多いのが特徴です。

 

乾いた咳が出て、呼吸がいつもより速くなるなど辛そうな症状が出やすいので、注意してみていきましょう。進行すると失神して、腹部に水が溜まってお腹が膨れてくることもあります。

 

3. 泌尿器の病気

ミニチュアダックスフンドに限らず、高齢の犬に多く起こる病気です。急性腎不全は、犬が毒物とされる物を摂取したときに起こりやすい病気です。例えば、人間の薬を飲んでしまったり、レーズンを食べたりして起こることがあります。

 

慢性腎不全は、徐々に腎臓の機能が落ちてくるのが症状の1つです。おかしいなと思ったら、なるべく早く獣医師に相談しましょう。

 

ミニチュアダックスフンドは突然死することも

ミニチュアダックスフンドが高齢になると、突然死してしまうことがあります。急性中毒・感染症・心筋梗塞・胃捻転などの病気が原因のことがあります。その他、頭を強く打ったり誤飲したりなどで突然死することもあります。

 

持病がある子は、普段と違う様子がないかを丁寧にみていく必要があります。高齢になってくると、体が衰えて怪我が増えるので環境作りも大切です。

 

ミニチュアダックスフンドの突然死に備えるには

ミニチュアダックスフンドが突然死してしまっても、慌てないために火葬・葬儀などの準備をしておくと良いです。

 

火葬する場所や葬儀のプランをどのように行いたいかを少し考えておくだけでも大丈夫です。ペット霊園によっては、生前相談をしてくれるところもありますので、事前に備えておくと安心です。

 

🐶生前相談についてはこちら

 

ミニチュアダックスフンドの死後に新しい犬を飼うのはダメなこと?

ミニチュアダックスフンドが死んだら、とても悲しくなって新しい犬を飼いたくなりますね。しかし、先代の子に罪悪感を覚える方もいらっしゃると思います。死後に新しい犬を飼うのはダメなことなのでしょうか。

 

死んだ犬と同じ犬種を飼うことは悪いことではない

ミニチュアダックスフンドの子が亡くなり、同じ犬種の犬を飼いたいという方もいらっしゃいます。そんなときには、飼い主様の寂しさが癒えるのであれば、同じ犬種を飼っても良いのです。

 

また、新しい子を飼うべき時期についても迷う方もいらっしゃるでしょう。飼い主様がペットロスになり、心が沈んでしまっているのならば、すぐに新しい子を飼っても問題はないのです。

 

大切なのはしっかり供養していくこと

新しい子を迎えて寂しさが癒されたり、楽しい気持ちを思い出したりすることは大切なことです。しかし、亡くなった子のことも忘れないであげてください。

 

ペット霊園に納骨したときは、お参りに行って「会いにきたよ」「楽しく過ごせているかな」などと声をかけてあげましょう。

 

また、手元供養であれば「いい天気だね」「いってきます」などと声をかけてあげて、お花や食べ物などをお供えして気持ちを伝えてあげるのが大切です。

 

 

ミニチュアダックスフンドは死後に生まれ変わってまた会える

ミニチュアダックスフンドに限らず、犬はスピリチュアルな生き物です。魂はどこに行き、どのように生まれ変わっていくのでしょうか。

 

先代の犬の魂は次の犬に宿る?

先代の犬の魂が新しい犬に宿ることはないと考えられています。しかし、先代のミニチュアダックスフンドの子の魂は、亡くなってからもしばらくの間は、飼い主様の側にいるといわれています。

 

 生まれ変わるまでの過程とは

ミニチュアダックスフンドが死んだ後、魂はしばらくの間は飼い主様の側にいるようです。しかし、しばらくすると自分がアクションしても飼い主様からの反応がないことに気付き、死に気づいて天国へと昇っていきます。

 

天国へと昇った後も、たまに指導霊と一緒に飼い主様の様子を見に来ることもあります。また、ある程度の年月が経つと輪廻転生に従い、生まれ変わります。そうなると、いつの日かまた巡り会える日が来るかもしれません。

 

 亡くなったミニチュアダックスフンドが伝えたいこと

ミニチュアダックスフンドの子は生前から、飼い主様が笑っている姿がとても大好きです。自分が死んでしまったことによって、飼い主様が悲しみに沈みすぎているとその子も悲しくなってしまいます。ペットの子は、いつでも飼い主様の笑顔を待っているのです。

 

また、一緒に遊びたいとも思って夢の中に現れることがあります。夢にミニチュアダックスフンドの子がでてきたら思いっきり遊んであげましょう。

 

そして、愛犬のミニチュアダックスフンドは今まで大切にしてくれたことを忘れずにちゃんと覚えています。きっと、飼い主様に心からの感謝の気持ちを伝えようとしているのでしょう。

 

 

まとめ

ミニチュアダックスフンドの子が死んでしまう原因は、腫瘍・循環器・泌尿器の病気が多い傾向にあり、高齢になると突然死することがあります。生前相談でもしものときに備えておくと安心です。

 

また、死んですぐに新しい子を飼うことは悪いことではなく、同じ犬種を飼っても良いのです。なぜならばミニチュアダックスフンドの子は、飼い主様に笑顔でいてほしいからです。魂は側にいますし、天国へ行った後もたまに様子を見に来てくれていますよ。

 

ミニチュアダックスフンドの子はいつまでも感謝の気持ちを持ち、遊んでほしいと思っています。お供えやお参りをするなどして、死後もしっかりとした供養をしてあげましょう。

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。 【所在地】〒143-0012 東京都大田区大森東2丁目1-1 【TEL】※火葬・葬儀24時間受付 0120-176-594

東京のペット葬儀・ペット火葬・納骨ご供養 大森ペット霊堂TOPへ