BLOG

ブログ

神奈川県へお迎えに行った際、ペット葬儀のお話

2018年2月19日

こんにちは。

大森ペット霊堂の吉津です。

先日、神奈川県のあるご夫婦のお宅にミニチュアダックスフンドの女の子のお迎えに行ってきました。

今日はそのときの話をしたいと思います。

 

ご自宅に着きチャイムを押すと、とても優しい雰囲気のご夫婦が出てきてくれて、

ご自宅の中に入れていただきました。

その子は、いつも寝ていたというベッドで本当に穏やかに寝ているような顔で横になっていました。

お線香をあげさせてもらい、ご夫婦にその子の生前のお話を沢山聞かせていただきました。

ご夫婦の姪っ子さんととても仲良しで、姪っ子さんが遊びに来たときはいつも楽しく遊んでいたこと。

子供が苦手だったその子が、姪っ子さんのおかげで子供が大好きになり、

他の子供とも上手に遊べるようになったこと。

ヨーグルトがとても大好きだったこと。

色々なお話を聞いていて、この子は本当に愛された一生を送ることができたんだなと、とても心が温かくなりました。

そして、その子がいつも使っていたお水入れをお借りし、飼い主様に末期の水をやっていただいたあと、納棺。

そして最後のお別れの時間になり

「ママとパパの所に来てくれてありがとう。」

「ちゃんと、ママとパパに逢いに来てね。」

「ママとパパに逢いに来たときは、ちゃんとわかるように合図を送ってね。」

「大好きだよ。」

たくさんたくさん声をかけてあげるご夫婦を見ていて、その子とご夫婦のお別れのお手伝いをさせて頂く立場にも関わらず、思わずもらい泣きをしてしまいました。

最後は旦那様に抱っこをしてもらい、車までお見送りをしていただきました。

 

 

大森ペット霊堂では、ペットちゃんをこちらにお連れ頂いた場合は

こちらで末期の水をやって頂いていますが、

私たちがペットちゃんをご自宅にお迎えにあがらせて頂いた場合、

ペットちゃんが毎日を過ごしていたご自宅で、末期の水をやって頂いています。

もちろん、お水以外でも大丈夫です。

お水よりも、ジュースが好きだったから・・・。

お水よりも、ミルクが好きだったから・・・。

それ以外にも、最後に飲ませてあげたいものがありましたら、ご自宅でご用意をして頂く、

又は大森ペット霊堂までお持ち下さい。

 

 

帰り道は車で一時間程の距離だったので、たくさん話しかけながら帰ってきました。

飼い主様から色々なお話を聞かせてもらうたびに、その子が元気だった時の姿が目に浮かびます。

お手伝いをさせて頂くたびに、その子が生きていた証を飼い主様と共に忘れないようにしたいと思います。

 

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。