BLOG

ブログ

ペットの葬儀はその子の旅立ち

2020年4月10日

連日、新型コロナウイルスに関するニュースが嫌でも目に飛び込んできますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

大森ペット霊堂では、今年も霊堂前の桜が満開となり、春を迎えました。ちょうど一年前に自分が入社した頃を思い出します。

自分の入社と同じ時期に霊堂に保護された猫のちーちゃんも、無事に新しいご家族様が見つかり、先月の3月23日に、大森ペット霊堂を卒業して行きました。保護されたばかりの頃の物陰に隠れてしまう人見知りな姿も、馴れてきて見せるようになった本来の食いしん坊な姿も、見れなくなってしまうのはとても寂しいけれど、これからは「家族」として迎えて下さったお父様の元で、幸せに暮らして行けるんだね。卒業おめでとう、ちーちゃん。

それから今月の4月18日で、ジャンガリアン・ハムスターのちっちゃんとのんちゃんを我が家に迎え入れてから、まる一年が経過します。迎え入れた時は推定、生後一か月でしたので、無事に一歳を迎える事ができました。

 

暑い夏や寒い冬を乗り越えて、この春を迎える事ができ、心から安堵の気持ちです。この一年で、ちっちゃんはよりちっちゃんらしく、のんちゃんはよりのんちゃんらしくなりました。一緒に暮らしているから気づく事ができる、ひとりひとりの個性。それぞれ代わりの居ない、唯一の存在だと感じるようになりました。毎日喜んで食べてくれる、カットした南瓜(かぼちゃ)。大好きな物を見つける事ができるのも、飼い主の特権です。いつも癒しと気づきを与えてくれて有り難う、ちっちゃん。のんちゃん。

 

さて、季節も変わり新年度を迎えましたが、自分は初心を忘れずに、ペットちゃんひとりひとりの旅立ちの場で、できる限りご家族様のご希望に添えるように、精一杯お見送りのお手伝いをさせて頂きたいと思います。

 

大森ペット霊堂では、ペットちゃんの旅立ちに、お体をただお預かりするだけではなく、ペットちゃんが大好きだった物も、一緒に虹の橋へ運んでいただけるようにお預かりさせていただいております。

 

よく食べていたごはんやおやつ、ご家族様のお写真やお手紙、お気に入りのおもちゃ等、ペットちゃんが天国でも幸せに暮らせるように、大好きだった物を添えてあげて下さい。なにか判断に迷うような事があれば、遠慮なくご相談いただければと思います。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

ペットの葬儀・火葬なら大森ペット霊堂

0120-176-594

東京都大田区大森東2-1-1

大森ペット霊堂 荒井

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。