BLOG

ブログ

ペット葬儀を行うまでの安置方法って?

2020年6月19日

ペットの葬儀を行うのは亡くなった当日じゃなければいけないの?

そんなことございません。しっかりとペットの葬儀まで安置をすることができます。

しっかりと家族とのお別れのお時間を設けて送り出して欲しい為に、私たちは当日の葬儀希望の方達には、必ずお別れの時間が必要か否かをお聞きしております。

ペットの葬儀における安置は、どこもお伝えしません。

火葬依頼のあるお客様を取り合いしている方です。でも、家族様との時間を作ることはとても大事なことです。

今までのペットの葬儀依頼で実際にあった1つの家族様のお話をさせて頂きます。

猫 火葬

ペットの葬儀では、多くの皆様が別れを惜しんでいます

ペットの葬儀にお越しいただいた子は毛並みの綺麗な真っ黒な猫ちゃん。

個別立会葬儀のご依頼でしたので、ご家族様三人で最後までペットちゃんをお見送りしました。

ペットちゃんをご火葬炉にご移動する際に、確かめるように何度もキスをし大事に大事に強く抱きしめていました。

きっと生前も同様に、ぎゅっと温かみに触れ、愛情をたくさんもらっていたのだなと感じ、思わず溢れ出そうになる涙を何度もこらえました。

 

この様に、ペットを別れることはとても寂しいことであり、ペットの葬儀をし、お体を離したくありません。

どれだけ自宅で一緒にいても、離れたくないものです。

多くの飼い主様は、ペット葬儀の日まで自宅で安置ができる方法があるなら知りたいと感じているはずです。

ペット葬儀まではどの様に安置をすればいいのか?

まずは、葬儀を気にしないで一緒に心いくまで過ごしましょう。

ペットちゃんがお亡くなりになられた際、一番気になることが安置の仕方だと思います。葬儀の予約は出来たけど、それまでの時間はどうしたらいい?

亡くなられた直後はやはり気も動転してしまいますし、悲しさ辛さが有無を言わず襲ってきてしまいます。不安もたくさんあるかと思います。

ですがペットの葬儀は二の次、安置のことも考えずに、まずはたくさん触ってあげて下さい。

お顔を見て、感謝の気持ち、今までの思い出、楽しかった出来事などたくさん話しかけてください。きっと大好きな飼い主様の声は届いています。

ペットの安置の方法は?

まずはご遺体を安置できるお入れ物を用意しましょう。段ボールにお入れしている方を多くお見掛けしますが、使っていたクッションやタオルケットなどへ寝かせている方もお見掛けしますので、飼い主様のご希望する上でお決めいただければと思います。

(大森ペット霊堂では、段ボール・バスケット・棺のご用意をしております。)

( 詳しくはコチラ )

個体差がありますが、動物の死後硬直は約2~3時間ほどで始まります。硬直する前に、手足を間接で折り曲げておくとご移動をスムーズに行うことが出来ます。

・体液がにじみ出てくることがありますが、その場合は優しく拭き取り、身を清めてあげましょう。

・頭部や腹部は水分を多く含んでいるため、腐敗が早く始まりやすい場所です。

・保冷剤や氷(袋に入れた氷、ペットボトルに水を入れ凍らせたもの)などを乾いたタオルに包み腹部を中心に、頭部、身体全体を冷やしましょう。

・肛門をしっかり冷やして硬直させておくことで、体液の漏れを比較的抑えられるため臭いも軽減されます。

・タオルを丸めて【枕】を作って頂き、頭を高く上に向かせる様にしましょう。そうすることによって、口から体液が出ることを防ぎます。

 

大森ペット霊堂のHPにも、ペットの安置方法が記載ありますので、貼り付けをします。是非ご参考にしてくださいませ。

ペットの葬儀までの安置方法はこちらをクリック

ペット葬儀までの安置の場所は?

ご遺体の腐敗を抑えるため、暖かいお部屋は避け、直接日光の当たらない涼しいお部屋で安置しましょう。

夏季の場合、冷房を付け、窓を開けて風通しをよくするなど、なるべく涼しい環境を作りましょう。また、こまめに保冷剤や氷を交換することは4〜6時間に一度行うと効果的です。

ペット葬儀まで安置は何日できるの?

ご自宅での安置は2〜3日程度でご案内をしております。ですが、やはりしっかりとお別れをしていただくことが一番です。

大森ペット霊堂では安置室を設けておりますので、ご自宅での安置が不安な方、ご葬儀まで日程が空いてしまう方などは誰でもご利用いただけます。

金額は無料です。

ペットの葬儀は飼い主様やそのペットにとって大事なお時間です。わたくしたち大森ペット霊堂はゆっくりと、しっかりとお別れのお時間を設けさせていただきます。

最後に

ペットの葬儀をするまでの安置は誰にだってできます。ご不安な方はペット霊園がやってくれますし、ご自身の自宅でもできます。

長年過ごしたご自宅で最後は少しでも長く一緒にいてあげることは大切なことです。

亡くなったらすぐにペットの葬儀業者を探そうなんて思わないでください。その様に葬儀業者に言われても虚偽です。すぐに火葬をするのではなく、適切なペットの安置をし自宅で過ごせるよう、そうすればしっかりとしたペット霊園も見つけることができると思います。

ペットの葬儀は、その子にとっても一生で一度きりです。大切な子を後悔なくお見送りできることも大切なことです。全てのペットと暮らす皆様が安置方法を適切にし、後悔のないペットのお見送りをしてあげて頂きたいと思います。

 

ペット葬儀を東京で行う大森ペット霊堂

東京都大田区大森東2−1−1

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。