BLOG

ブログ

ペットとの別れと新たな出会い

2018年3月24日

 

 

こんにちは、笹本です。

 

 

先日、ウサギの葬儀を担当させていただいた飼い主さんと

帰り際にこんな話をしました。

 

ウサギをずっと飼ってきて、

「この子が最後の一匹だった、ウサギは寿命も長くないし、

かわいそうに思えてくるから、もうウサギを飼うのはやめようと思います」

 

 

と、おっしゃっていました。

 

確かに、お気持ちは凄くわかりました。

どういった言葉をかけるべきか、

正解はないと思ったので、

私なりに

「何か突然ご縁がある時が、くるかもしれません。

その時は、是非受け入れも考えてあげて下さい。」

 

と、話させていただきました。

 

 

私も、前の犬のジェイが亡くなってから、

犬は本当は飼いたいけれど、

今は飼う気持ちになれないなと、思っていました。

 

でも、知り合いの方から、

御縁があり、梅丸と花を紹介していただいて、

引き取ることを決めました。

 

 

飼おうと思って、探さなくても、

目に入って来たり、

出会うきっかけがあれば、

是非、拒まずに受け入れてほしいと思います。

 

そして、亡くなってしまった子と同じように、

その子の分まで、

愛してあげて下さい。

 

 

 

 

無理に新しい子を探す必要はないと思います。

 

すぐに新しい子を受け入れる気持ちがあれば、

それもいいことだと思います。

 

また他の子を受け入れる時期は、

飼い主様のお気持ち次第で、

いつでもいいと思います。

 

ただ、目の前に御縁があれば、

是非、新たな出会いを拒まずに受け入れてほしいです。

 

 

ペットを亡くす悲しみは、

本当になかなか消えるものではないですよね。

 

私ももちろん、

大森ペット霊堂のスタッフは、

ペットを亡くす悲しみを、

よく知っているスタッフばかりです。

 

それでも、私達は、新しい命とも向き合い、

ボランティアとして、里親探しなども行っています。

 

 

里親になるというのも

一つの選択肢として、考えてみるのも

いいと思います。

 

動物の弔いを行っている私達ですが、

新しい命との出会いについても、

相談を受けることができますので、

 

気軽にお声掛けください。

 

個人的に相談を受けて、

保護犬、保護猫を探すこともできますので、

私、笹本あてに相談に来ていただいても構いません。

 

お待ちしております。

 

 

 

 

私事ではありますが、

先日、卒業式を終えたので、

4月から、社員として働かせていただきます。

 

改めて、よろしくお願い致します。

 

 

ボランティア・里親・保護に関しては動物ボランティア団体 友愛の会

大田区大森東2-1-1

mail→info@petsougi.jp       tell→0120-176-594

 

大森ペット霊堂スタッフ 笹本

 

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。