BLOG

ブログ

ペット火葬について、メディアからの問い合わせ多数!!

2017年11月23日

大森ペット霊堂の齋藤です!

HPが変わり、わたしたちの動物に対する考えやペット霊園としての在り方、ペット火葬、ペット葬儀の在り方が多くの方に伝わっているようです(^^)

 

HPをリニューアルして、1週間。

 

4社からの取材問い合わせがありました!

 

ペット霊園は多くの方が注目している業界でありまして、なぜ注目されているかというと、二つの理由があると思います。

 

 

1、ペットの高齢化問題に直面し、万が一亡くなってしまった際の場所であること

 

 

 

ペット霊園というところは、動物たちが亡くなった際、火葬しお骨にしてあげる場所です。人と同じようにペットもやってあげようということを掲げ、運営しています。

 

ペットを家族に迎え入れる方が一番多かった2008年。そこから9年が立つ今日。ペットの高齢化が進んでいます。

老犬ホーム、老猫ホームといった施設も全国的に増えている中でありますが、ペット霊園や移動火葬車の数は全国で1000社ほどと言われています。

ここ、東京でも200社ほど、存在するのが現状です。

どこが良い場所なのか、これじゃどのペット霊園を選べばいいかわかりませんよね。。。

 

2、一部のペット火葬業者が起こす問題が大きすぎることに関わらず、行政が法整備を整うことをしない。

 

 

 

1でも記載した話も隣接します。

 

数々の問題を起こす霊園や移動火葬車が全国的に多いということです。

 

大森ペット霊堂は、【全国ペット霊園協会】という協会に属しています。

ここは、ペット霊園の在り方を霊園同士で勉強し、優良な場所としてあるために作られた協会です。全国で90社ほど加盟し、全国の由緒ある霊園が加盟しております。

 

 

全国ペット霊園協会のHPはコチラ

 

 

 

 

杜撰なペット霊園が引き起こす問題は、社会的問題にもなっていることにも関わらず、行政として良い法を整備していただけてないことも現実です。

事が起こってから、法を考えるのでは遅いのではないかと、遺憾に感じることはありますが、わかっていただけるまで、わたしたちは発信していくつもりです!!

 

今回、メディアさまが取材にお越しいただきますので、ペット霊園の在り方や、大森ペット霊堂の思いを多くの皆様にわかっていただきたいと思っております!

 

 

最近、ペット霊園というと、悪いニュースばかりですからね。。

動物のために真剣に取り組んでるのに、正直、風評被害もあったりします。

 

 

でも、そんなこと言ってられないです!!

 

 

真剣に向き合っていることをすれば、正しいことをしていれば何も問題ないと思っております。

 

ただ、わたしたちが目指すところは、全国のペット霊園の意識改革です!

 

 

 

全国の方が、お近くに安心のできるペット霊園があるのが一番です。

 

私たちは東京23区内の「大田区」にあります。

 

 

大田区には、親交させていただくSEKAI NO OWARIさまのブレーメン含め、多くの優良動物団体が存在します。

 

 

 

その方たちと、大田区から全国へ動物愛の輪を広げていきたいと思っております!

 

 

 

動物がより良い環境で暮らせる世の中、人との共生がもっと素晴らしくなりますように!!

全力で活動していきます!(^^)

 

 

 

以上! 齋藤でした!!

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。