BLOG

ブログ

進化した動物

2018年1月24日

 

こんにちは

スタッフの江川です!

某国の大統領がワンちゃんが好きということを聞き

画像を調べたら、

すごくワンちゃんが好きなんだなと思う抱いてる画像がでてきました!

国の代表がそういうことをメディアの前ですることにより

国民も愛犬家が多いみたいです!

 

いいね!

 

 

 

今回は

なぜ進化していった?!な動物達

のことを書かせていただこうと思います!

環境等により進化せざるを得なくなった動物達は多くいますのでそこも理由など添えさせていただきます!!

 

カンガルー(Kangaroo)

 

水分をより蓄えるために汗腺をなくしてしまったカンガルー

 

汗の代わりの冷却システムとして脚や腕を頻繁に舐めて手足の特殊な血管網が気化冷却の役目を果たすようになっています!

 

キリン(Giraffe)

「体大きいのに首短いから飲みづらい」

キリンは元は首が長くなかったそうです!!

首が短かった頃水むたびにかがんでいては、猛獣におそわれたときにすぐ逃げすことができませんし、立ち上がろうとして足の危険もあります。

このようにいキリンはきていくのにあまり都合のよいではありませんでした。

そこでいつのまにかいキリンは絶滅してしまって、いキリンだけがきのこり子孫をふやしていったのです。つまり、くなければ、きていくことができなかったのです。

 

もう一つは、

「高いところにあるを食べたかった」

という説もあります!

 

ラクダ(Camel)

熱対策渇水対策

ラクダは暑さや渇水対策を完璧に備えた生き物です。

脂肪の詰まった大きなコブを持って必要なときに食料やカロリーとして燃やすことができる。

一風変わった長方形の赤血球は、極端な脱水症状に陥っても血管を巡り続けることができる。腎臓や腸には保水機能があり、水分が排出されても鼻腔がそれを水蒸気として捕え、体に戻すことができる。汗を掻くことはめったにないが掻いたときは体重の25%まで絞って、生き延びることができる。

 

ちなみにラクダが口をモゴモゴしている光景を見たことがある人も多いのではないでしょうか。

これは「反芻」という動作をしているためで、食べた物を胃から吐き出してもう一度口の中で咀嚼しているのです。

ちなみに、反芻を行う動物は胃が4つに分かれているのですが、ラクダの胃は第3と第4の区別がほとんどないという特徴がありますよ。

 

ちなみに鳴き方は「ブルブルべェ~」

 

 

環境などによって適応する動物はこれからもどんどん増えるかと思います!

そんな動物たちのことをこれからも見つめていきたいと思います!以上です

 

The following two tabs change content below.
大森ペット霊堂とは、東京都大田区にある20年以上数多くのペット葬儀を携わり、多くのペットと暮らす家族や著名人からも信頼をいただくペット霊園。 亡くなった命も生きている命も大切にする施設として、数多くのメディアに出演する。 ボランティア火葬など、行き場のない動物達を無償で引き取りを行う日本で唯一のペット火葬施設である。 また、動物の保護活動を行い、行き場のない動物達を施設内で育て、家族を探す活動を行っている。